AppleのWi-Fiルーター製品、いよいよ終了か

    AppleのWi-Fiルーター製品、いよいよ終了か

    見た目は好きだったのに。

    Apple(アップル)ファンなら知っていて当然、でもそうでなければ知らないかもしれない、同社のWi-Fiルーターシリーズ「AirMac(海外ではAirPort)」。ソリッドなデザインが美しいこのルーターですが、なんとBloombergの報道によるとAppleはルータービジネスから撤退するそうなんです。おお、純正ディスプレイに続き、Wi-Fiルーターもか…。

    報道によれば、Appleは昨年からルーター部門の閉鎖に向かって動いていました。これまで「AirMac ExpressAirMac ExtremeTime Capsule」の開発に携わっていた人員は、Apple TVなどの部門に移されたとのこと。これでApple TVの開発は活性化される…のかな?

    しかし、AirMac終了の予兆は以前よりありました。なんせ、AirMac ExtremeとTime Capsuleは2013年の夏から更新されていません。Google(グーグル)が高速Wi-Fiルーター「OnHub」をリリースしたのとは対照的ですね。

    なお、AirMacシリーズは性能はそこそこですが簡単セットアップがウリでした。まぁ、ちょっと独自のセットアップ方法に戸惑うこともありましたが…。Appleが純正ディスプレイだけでなくWi-Fiルーターの製造をやめるとすれば、今後はもっとiPhoneやMacのようなコアビジネスに集中することになるのでしょうか?

    関連記事:・新型MacBook ProにAppleファンが感じる不満まとめ。付録:過去に遡る男のMBPレビュー
    Apple重役、Macにタッチスクリーンが搭載されない理由は「iMac」が原因と語る

    Top image: Composite/Apple
    source: Bloomberg

    Christina Warren - Gizmodo US[原文
    (塚本直樹)