絶対倒れない二足歩行ロボットを考えたら、胴体が風船になった

絶対倒れない二足歩行ロボットを考えたら、胴体が風船になった

今までにない動き。

最近のロボットは、巨大だったり力持ちだったり、勢い余って人類滅亡を宣言しちゃったり、人間の脅威になりそうなものが少なくありません。でもカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)が作った「BALLU」は、その姿を見ただけで、なんか警戒しなくて大丈夫そうな気がしてしまいます。だって、この動きをご覧ください。

BALLUとはBuoyancy Assisted Lightweight Legged Unit(直訳:浮力に補助された軽量足付きユニット)の略です。名前にあるように軽さが身上で、胴体的な部分はヘリウム風船です。痩せたお姉さんが酔っ払ってハイヒールで歩いてるみたいな二足歩行ですが、この細さとか軽さにはちゃんと意味があるんです。

これを開発したUCLAのロボティクス・メカニズム研究所のDennis Hong教授は、従来の二足歩行ロボットの最大の課題は重力であると考え、極力軽くて倒れないロボットを作ろうと考えたそうです。それに軽いから、万一転んでも壊れないんです。

BALLUはまったく重さがないわけではなく、全体をまっすぐ保つには脚が必要です。でもその脚も小枝みたいに軽く、それでいてちゃんと(ちょっと千鳥足だけど)歩けます。ただ歩けるだけじゃなくて、前進も後進も横移動もジャンプもできます。階段を昇り降りしたり、高いところから飛び降りたりもできます。さらに上の動画の「FUTURE WORK」とされている部分では、水の上や細いワイヤの上を歩いたり、スケートボードに乗ったりもしています。

見ているだけで面白いBALLUですが、ちゃんと実用性も考えられているみたいです。開発者のHongさんはBALLUを「歩く情報デバイス」と呼んでいます。風船部分を大きくすればセンサーを運んだりもできて、人間が近づけないような危険な場所の実態を把握するのに使えそうです。すでに四足歩行バージョンも開発中で、そちらのほうがものをたくさん積むのに適しているみたいです。ヘリウムを抜けばコンパクトになるので、普段は収納しておいて、いざというときに取り出す、という使い方もありそうです。

ただ上の動画にもあるように、BALLUは風が天敵です。あとは多分サボテンとかバラとか注射器とか、とがったもの全般にも近づかないほうがいいと思います。そんな制約がありつつも、圧倒的に軽くて安定してるってことで、新たな可能性が感じられますね。

関連記事:
ドローンを使って妻の浮気現場をおさえた男、怒り悲しむ
2016年の現在、入手可能なホバーバイクBest

source: RoMeLa via IEEE Spectrum

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(福田ミホ)