Samsungのガムみたいに折りたためるスマホ特許が判明

Samsungのガムみたいに折りたためるスマホ特許が判明

最初、マウスかと思いました。

見て楽しい、想像してワクワクするスマートフォン特許の世界。実現するかはさておき、私たちに「くるかもしれない未来」を垣間見せてくれます。そしてThe Vergeによると、今回登場したのは、Samsung(サムスン)による「ガムのように折りたためるスマートフォンの特許」です。

Samsungが今年4月に韓国にて出願した特許には、ガムのようにうす~いスマートフォンが往年のパカパカケータイのように折りたたまれる様子が説明されています。また、ソース元のInternational Business Times UKによると、このスマートフォンは「セミオートでの折りたたみ/展開」が可能なんだとか。フリップ式の携帯にはオープンボタンがサイドに存在するものもありましたが、そのような機構を想定しているのかもしれません。

Samsungのガムみたいに折りたためるスマホ特許が判明2

また、「背面側のセカンダリーディスプレイ」の可能性にも触れられています。背面にもディスプレイ…なんだか、懐かしい響きですね。かつてフリップ式の携帯電話では、背面のディスプレイに通知やメールを表示したものです。Samsungの特許でも、おそらく同じような使い方を想定しているのでしょう。

現在、Samsungは折りたたむことができるスマートフォンを開発していると報じられています。加えてぐにゃっと曲がる曲面ディスプレイを利用すれば、おそらくは実現可能でしょう。iPhoneや他社スマホに先駆けて曲面ディスプレイを採用したSamsungですが、折りたたみ式スマートフォンでさらなる技術力の高さを示すことになるのでしょうか?

スマホ特許の関連記事
ガラケー回帰? 折りたたみ式iPhoneの特許が発見される
次期iPhone向け? Appleが光センサーをディスプレイ下に配置する特許を取得
iPhone 8ではホームボタンがなくなるかも? Appleが画面上からの指紋認証に関する特許を取得

image by Korea Intellectual Property Rights Information Service
source: The Verge, International Business Times UK
(塚本直樹)