不眠症に光明か。日本の研究チームが、睡眠や覚醒を司る「新しい遺伝子変異」を発見

不眠症に光明か。日本の研究チームが、睡眠や覚醒を司る「新しい遺伝子変異」を発見

人はなぜ眠るのか、がわかるかも。

睡眠は、人間や動物にとって絶対に必要な要素。誰でも当たり前のように眠りますが、実は睡眠って謎が多いんですって。そもそも、なぜ1日の睡眠時間が7~8時間なのかすらわかっていないそうですよ。

その深淵に迫るかもしれない発見が、筑波大学名古屋市立大学らのチームによって発表されました。

同チームは、人工的に変異を起こしたマウスを多数作成し、睡眠の実態を調査。異常を示すマウスの中から、睡眠時間が長くなる変異(Sleepy)レム睡眠が減少する変異(Dreamless)を発見しました。2つはこれまで、まったく知られていなかったそうなんです。

これだけでも十分すごいのですが、チームがSleepy変異の原因遺伝子であるSik3ショウジョウバエにおける機能を解析したところ、マウスと同じ症状が出ることを発見したのだそう。動物と昆虫に共通点があるとは、睡眠恐るべし…。

チームは今回の発見ついて「新規の睡眠・覚醒制御に関わる遺伝子が発見されたことは、睡眠という現象の理解に加え、睡眠障害の治療薬の開発などにつながる大きな可能性があります」と語っています。

近くて遠い睡眠の謎。その解明の一歩となることを期待したいですね。

睡眠のサイエンス:
6時間以下の睡眠は徹夜するのと同じだった
やっぱり鳥は眠りながら飛んでいた。その実態が初めて判明
外国人が考える、日本の「居眠り」という習慣

image by Donnie Ray Jones via Flickr
source: 名古屋市立大学
(渡邊徹則)