傑作『セブン』の続編になりかけた映画『ソレス』予告編

傑作『セブン』の続編になりかけた映画『ソレス』予告編 1

カニバリストが超能力者に(でも雰囲気はまんま)。

1995年に公開された鬱映画の先駆け、デビッド・フィンチャー監督作『セブン』の続編になる予定だった脚本をリライトして作られたサイコ・スリラー『ソレス』。配給元のRelativityが倒産したことで米国内の公開が不安視されていましたが、遂に12月16日の公開が決定! 予告編が登場したのでご覧ください。

こちらは/Filmsが取り上げたLionsgate Moviesによる『ソレス』の公式予告編です。

あらすじ:

不可解な連続殺人事件が発生。お手上げ状態の捜査官は、藁にもすがる思いで、旧友であり隠居中の元FBI捜査官のジョンに助けを求めた。触れたものの過去と未来が見える超能力者のジョンは、犯人が自分よりも遥かに強い超能力者であることに気づいた。

今、超能力者vs超能力者の戦いの火蓋が切って落とされるーー

『セブン』の続編…? 超能力者ネタが? にわかに信じられませんが、これを元にした脚本でモーガン・フリーマン演じるサマセットを主役にした続編を作ろうとしていたようです。

しかしその計画は頓挫し、2013年から、ハンニバル・レクターを彷彿させるお見通し系元FBIをアンソニー・ホプキンス、殺人を繰り返すセクシー連続殺人犯をコリン・ファレル、というキャストで『ソレス』の制作が開始されました。

冒頭でも触れたように、配給元の会社が倒産したことで映画が完成してもアメリカでの公開は延期に。日本でも未公開ですが、他国では既に公開されている上にDVDも販売されているので、レビューが数多くみられます。

評価を見ると絶賛している人もいれば、ボロクソに書いている人も。『セブン』や『羊たちの沈黙』の完成度を求めるとガッカリしちゃうのかもしれません。

関連記事:
充満する不穏な空気。デヴィッド・フィンチャーのロングショット集
見えないだけに効果倍増! 映画の「映っていない音」の重要性
映画人に聞く「どの映画を1番見ましたか?」

image by /Films
source: YouTube via /Films

中川真知子