盲目の女性ジェダイ・マスターを描いた短編ファンフィルム『ホシノ』

盲目の女性ジェダイ・マスターを描いた短編ファンフィルム『ホシノ』 1

盲目のジェダイ・マスターが、暗黒面に立ち向かう。

Stephen Vitale監督による『スター・ウォーズ』のファンフィルム『Hoshino』が公開されました。

こちらの動画は、Stephen Vitaleがアップした『Hoshino - Star Wars Fan Film 』。

あらすじ:遠い昔、遥彼方の銀河系で…襲撃者の迫る中、盲目のジェダイ・マスター、ホシノ・コウは未熟だった訓練生時代を思い返していた。

***

ジャーン=ツー:コウ…

ホシノ・コウ:はぁ…。マスター・ジャーン=ツー、いつになったらライトセーバーで練習を?

ジャーン=ツー:それは正しい質問ではない。ライトセーバーの何が他と違うのか、と聞くべきだ。その本質は何か、と。

ジャーン=ツー:それは刃の色ではない。その力でもない。違うんだ。ライトセーバーでいちばん重要なことは、刃をしまえることにある。剣が…

ホシノ・コウ:すべてを解決するわけじゃない。わかってる。でも訓練したっていいじゃない。もしそれが選択できるものなら、私に選ばせてよ。

ジャーン=ツー:もうすぐな。その棒が秘めたフォースもこれ(ライトセーバー)と同じくらいある。コウ、覚えておくがいい、これは軽いが、そこには重みがあるということを。


ホシノ・コウ:ああ! こんなのバカげてる。実践では周りが見えるでしょ!

ジャーン=ツー:ジェダイになるということは、暗黒と対峙するということだ。目隠しはその助けとなるシミュレーションだ。


ジャーン=ツー:我々は銀河の平和の守護者だ。防御し保護する。決して攻撃はしないのだ。


ホシノ・コウ:私の友から来ることは聞いていた。

襲撃者ダース・オリアックス:あぁ、だがマスター・ホシノ、我が友はもっと近くにおるぞ。

ジャーン=ツー:我々は銀河の平和の守護者だ。防御し保護する。決して攻撃はしないのだ。

7分弱の短編でしたが、映像、脚本、音楽、どれも室の高い良作品でしたね。ストーリーボードや合成前のCG、オーケストラでの音楽収録(!)の様子なども納めた舞台裏映像も公開されています。

今作では、残念ながらマスター・ホシノが座頭市みたく戦うようなシーンはありませんでしたが、そこはフォース・センシティブな盲目の戦士、チラット・イムウェの活躍する『ローグ・ワン』に期待できるかもしれませんね。

関連記事:
ジャクーの戦いの直前を描いた、心を打つ「スター・ウォーズ」のファンフィルム
「スター・ウォーズ」ファンフィルム・アワードのすばらしき受賞作品群
超大作映画よりも面白いファンフィルム13選

source: Stephen Vitale

abcxyz