人類生存の鍵? 巨大種子貯蔵庫へカメラが潜入

人類生存の鍵? 巨大種子貯蔵庫へカメラが潜入

人類の英知を感じます。

ノルウェー領スヴァールバル諸島のスピッツベルゲン島にて、山の中腹に静かに佇む「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」。ここには世界中から集められたありとあらゆる種子が保管され、災害や疫病、紛争にそなえています。

今回Motherboardのカメラが、その内部を撮影しています。人類危機の最後の砦となるかもしれない貯蔵庫の内部映像は必見です。

山の中腹をくり抜いて作ったこの貯蔵庫には、400万種以上ものサンプルを保管することができます。

トンネルを抜けた先にある貯蔵庫に入ると、図書館の本のように陳列された無数のカゴ、カゴ、カゴ…。この中には世界中の国々から送られた種子が保管されているのです。紛争中のロシアとウクライナのカゴが並べておいてある場所も。この貯蔵庫が紛争から種子を守るという働きを果たしていることが、よくわかります。

また、街が崩壊したアレッポの種子バンクをサポートするために、種子が出荷された形跡も。この貯蔵庫は将来だけでなく、今も人類の生存のために役立っているのです。

おそらく私達のほとんどがアクセスすることはないであろう、巨大な種子貯蔵庫。この施設が大いに活用されるような未来がこないことを、願ってやみません。

世界で起こる紛争の関連記事:
今忙しいの。アメリカ、ロシアへの報復サイバー攻撃は選挙後?
オンライン時代になった戦争は次のフェーズへ…リアルな戦場を再現してシミュレーション

source: YouTube
(塚本直樹)