サメホラーが現実に…! リアル・ダブルヘッド・ジョーズが増えているらしい

サメホラーが現実に…! リアル・ダブルヘッド・ジョーズが増えているらしい 1

実はホラーが1番現実に近い。

竜巻に巻き上げられたサメが陸の人を襲ったり、サメ×タコの陸上歩行可能なミュータントが人を襲ったり、ミュータント化して獰猛になって世界を牛耳ったり、とにかく突拍子も無い設定のサメ映画を作ってきたアメリカのケーブルテレビ・チャンネルSyfy

しかし、彼らの作品にも実話を元にしたものがーー、それが『ダブルヘッド・ジョーズ』‼︎ 

National Geographicによると、このSFの産物としか思えない双頭のサメが増加中なんだそうです。

ショッキングなトップ画像は、2008年にオーストラリア沖で捕獲されたヨシキリザメのお腹の中から見つかった双頭シャークベビー。ヨシキリザメの子宮には一度に50匹ほどの胎児が入っていることもあって、奇形が見つかりやすいのだとか。

先日、発見されたことで話題になっている双頭シャークは、アトランティック・ソーテール・キャットシャークという種類のもので、なんと初の卵生。スペインの研究室にある卵の中から見つかったもので、取り出して確認したところ、両方の頭部に口、目、脳、脊索、片側5つのエラが備わっていたそうです。

卵から出して殺してしまうなんてかわいそう!と思いますが、こういった奇形は孵化しても長く生きられないだろうと研究者は言っています。

ちなみに増加傾向にあるダブルヘッド・シャークの原因は不明。解明できたら双頭シャークを量産して実写版『ダブルヘッド・シャーク』を…なんて、それは犯しちゃいけない領域ですね。

やっぱりサメは怖い:
期待通りの偏差値の低さ。映画「シャークネード:フォースの覚醒」の予告編
二度と水辺で遊びたくなくなる? 恐怖の水もの映画11選
【考察】「シャークネード」が実際に発生する可能性はある!

image by Christopher Johnston/National Geographic
source: National Geographic1, 2 via The Lad Bible

中川真知子