映画『ターミネーター』シリーズの復活を目指したアニメが公開

映画『ターミネーター』シリーズの復活を目指したアニメが公開 1

今は誰もが影響力をもつ時代だから、もしかしてーー。

映画『ターミネーター』シリーズのリブート版『ターミネーター:新起動/ジェニシス』がアメリカ国内で不発に終わり、3部作計画が断念されました。しかし続編を諦めていなかった猛者が、シリーズの復活を目指してアニメを作成! 想いが詰まった渾身の作品をどうぞご覧ください。

これはScreen Rantが紹介した、ドイツ人アニメーターのブルース・スターリング・ジョン・ノックスさんによる『Extermination』。

時代設定は、映画シリーズよりも未来の2047年のようですね。あらすじはこんな感じでしょうか。

人類はマシンとの戦いで一応の勝利を手にしたが、共通の敵がいなくなったことで、統一感を失くした人々は争うようになった。破壊を免れたマシンはパワーを増し再び人類の脅威となり、反乱軍は窮地に追い込まれる。そして反乱軍は、人類が滅びればマシンは機能を停止させることから、完全なる勝利を目指して少数のトップを残した人類大虐殺という途方も無い計画を考えたーー

『ターミネーター4』でコナーを演じたクリスチャン・ベールにそっくりな人物が出てきているので、『ジェニシス』は無視して『4』のタイムライン上のストーリーにしたいのかもしれません。

『ターミネーター』シリーズ制作の権利は、2019年に著作者であるジェームズ・キャメロンに返還されることになっています。もうあまり時間がないので、続編を熱望するファンにとっては急ぎたいところ。いいコンセプトだと思うので、関係者の目にとまって映画化が進むといいですね。

関連記事:
今すぐ死にたくなる絶望的な未来予想図10選
あのシュワちゃんは本物のシュワちゃんじゃなかった?!
笑い飛ばせない……AIロボットが「人類を滅亡させる」と発言

image by YouTube
source: YouTube via Screenrant

中川真知子