Teslaがもっと速く! 0-60マイルを2.4秒の隠しアップデート追加へ

Teslaがもっと速く! 0-60マイルを2.4秒の隠しアップデート追加へ

ちょっと、速すぎません?

これまではナビにレインボーロードモードを仕込むなど、ドライバーを楽しませてきたTesla(テスラ)の電気自動車イースターエッグ(隠し機能)。しかし、新たなイースターエッグは0-60マイル(約97km)の加速を2.4秒にまで短縮するという、ちょっと過激なものでした。

このイースターエッグは、テスラ・モーターズを率いるイーロン・マスク氏によって明かされたものです。それによると、Ludicrous Mode(おばかモード)にて最上位モデルとなるModel S P100Dの0-60マイル加速が2.4秒に、さらに1/4マイル(約400m)を10.6秒で駆け抜けるアップデートが予告されています。

もともとこのModel S P100D、Ludicrous Modeにて0-60マイルが2.5秒というとんでもない加速を誇っていました。それがソフトウェアの機能でさらに短縮できるというのですから、Teslaの電気自動車はまるで未来からきた乗り物のようです。

なお、この0-60マイル加速が2.4秒という加速は「ポルシェ 918 スパイダー」など超トップクラスのスポーツカーでやっと達成できるもの。あと、一部のリッタースポーツバイクもこれくらいの速さですね。とにかく、凄まじい加速です。

なお、Teslaはこのイースターエッグを来月のソフトウェアアップデートにて配信します。この機能を試せる幸運な方は、ぜひ安全な場所でその加速を楽しんでくださいね。

Teslaの関連記事:
これが未来の家か。Tesla、発電できる「ソーラールーフ」を発表
Tesla車、2017年1月以降の注文分から急速充電が有料に

source: Tesla, TechCrunch
(塚本直樹)