デル・トロ監督プロデュースのゴシックホラー短編『ザ・キャプチャード・バード』

デル・トロ監督プロデュースのゴシックホラー短編『ザ・キャプチャード・バード』 1

大量のミルワームに注意!

ひとつひとつは大したことがなくても、連続するとなんとも不吉な感じがすることってありますよね。

今日はそういったグロでもゴアでも無いけれど、心をジワジワ侵食されるゴシックホラー短編『ザ・キャプチャード・バード(原題:The Captured Bird)』をお届けします。

こちらはGeektyrantが取り上げた、bravofactによるギレルモ・デル・トロ監督プロデュースの『ザ・キャプチャード・バード』。

いたいけな少女、黒い液体、排水管から溢れ出る大量のミルワーム、大きな館ーー。

フラグ立ちすぎでドキドキ、ゾクゾクが止まりません。あの5匹の虫のような死神のようなものは一体なに? あの子はどうなっちゃったの? 

監督はヨハンカ・ヴコヴィッチ。プロデュースにデル・トロ監督が名前を連ねていることからも、どことなくデル・トロ臭が漂う気が。ラストの意味深な終わり方もそれっぽいですね。

関連記事:
ギレルモ・デル・トロ作品に登場する最高のモンスター10選
デル・トロによるファンタジー・ヒーローアニメ「トロールハンターズ」予告編
ほとんど誰も気付かない? ホラー/SF映画に隠されたお楽しみあれこれ

image by YouTube
source: YouTube via Geektyrant

中川真知子