スマートオーブン「The June Oven」レビュー:GPU搭載、カメラ内蔵、お値段16万円

スマートオーブン「The June Oven」レビュー

The June Oven」は、IoTを活用したスマートオーブン。米国で発売されたばかりの同製品を米Gizmodo、Alex Cranz記者がレビューします。

***

Juneオーブンは、とても賢いカウンタートップ型のコンベクションオーブンです。食材が調理されていく様子を見守るカメラが内蔵されており、庫内の素材を正確に識別し、調理モードを表示してくれます。Wi-Fi接続できるため、アプリ経由で食材が焼きあがる様子を見られたり、温度を調節したり、食材を取り出すリマインダ―を設定することだってできます。そして素材に応じてカーボンファイバー製の電熱線が賢く加熱するので、焼き上がりは常に均一になります。それらを処理しているNvidiaのチップのおかげで、これまでにないほど賢いオーブンとなっているのです。

私がクッキー生地を入れると、Juneオーブンはすぐにそれを認識しました。しかし、ドラッグストアで購入したbreak and bake cookies(訳者注:クッキー生地)がクッキーなのか確信がなかったようで、オーブンは芽キャベツもサジェストしてきました。それでもそういったサジェスチョンは十分すばらしいもの。クッキーのボタンを選びGoを押して15分後には、これまでの人生でもっともムラがなく焼けたチョコチップクッキーが焼きあがりました。焼ける過程の食欲をそそるタイムラプスがコチラ。

この出来上がりに、1,500ドル(約16万円)もかかったんです。なので、お金持ちでないかぎりこのオーブンはいらないでしょう。(万能調理マシンの)サーモミックスや銅の片手鍋やタブレットが内蔵された冷蔵庫を持っている人向けです。お金持ち用のオーブントースターなのです。

さらに言うと、Juneオーブンは純粋にカウンタートップとしてデザインされたので、備え付けオーブンに取って代わるわけではありません。とはいっても、サイズが大きめな鶏や小さ目なターキーなら焼けますよ。

スマートオーブン「The June Oven」レビュー2

サイズつながりで言うと、独り立ちした時に実家から譲り受けたような100ドルくらいの小さなトースターの代わりとしては大きすぎます。でも広い家に住んでいて、カッコいい調理家電に1,500ドル出せるのなら、Juneオーブンは調理台の上で魅力的に見えるでしょう。それに今現在オーブンを所有していなくて、台所をリノベーションする気やオーブンのためのスペースを作る気がゼロな人にとっては間違いなくぴったりなチョイスです。

Juneオーブンはその大きさ、カーボンファイバー製の電熱線そしてGPUで制御されたファンが搭載されていることにより、加熱時間が早く均一に調理できます(音は従来のオーブンよりもちょっと大きい程度)。クッキーは本当に完ぺきな焼き加減でした。調理中の食材をスマートフォンから見ることを可能にした内蔵カメラも、オーブンに搭載されたGPUに繋がっています。これらでオーブンは庫内の素材と、調理時間を識別するのです。少なくとも表面上はね。

クッキーはうまく焼けたものの、ベーコンの調理はそこまでうまく仕上がりませんでした。テストでは、オーブンはベーコンを認識して調理モードを表示してくれました。でも私が試したところ、毎回焼きすぎてしまったのです。勇敢にも味見した人たちは毎回「カリッとしているけど、焦げすぎ」と言っていました。これはきっとカメラが上から見下ろしたイメージのみを捉え、ベーコンの厚みやどれだけ早く焼きあがるかを知らないからでしょう。それでも幸運なことに、Juneオーブンには自動の調理モード以上のものが備わっており、パンをとっても美味しく焼けるのです。

そうは言ってもJuneオーブンは、やはり1,500ドルのスーパーオーブントースターに過ぎません。もしオフィスや2艇目のヨットに調理機器が必要なら購入すればいいと思います。そうではない私たちは、Juneの廉価版が発売されるのを待ちましょう。コンロに代わる良さ気なIH調理器付きなんてものもアリかもしれませんね。

スマートオーブン「The June Oven」レビュー3

まとめ

・これは、庫内の素材を認識して完ぺきに調理するコンピューターが内蔵された素晴らしいカウンタートップ型のオーブンです。

・でもお値段は1,500ドル。

・クッキーはとても美味しくできました。

・でもベーコンはこげたとさ。

All images: Alex Cranz/Gizmodo
source: JUNE

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(たもり)