ネット活用で5つの街を繋ぐピタゴラなマシン

    ネット活用で5つの街を繋ぐピタゴラなマシン

    ルーブ・ゴールドバーグ・マシン。日本ではNHK教育『ピタゴラスイッチ』のピタゴラ装置の名称でお馴染み。

    あれこれカラクリを使ってタスクをクリアするルーブ・ゴールドバーグ・マシンには、オールドスクールですが、どれだけ見ても飽きない不思議な魅力があります。このマシンにインターネットという要素を加えると、あら素敵、遠く離れた場所にあるマシンにも動きをつなぐことができます。

    Common Ground』プロジェクトは、いわばルーブ・ゴールドバーグ・マシンのクロスカントリー。アメリカの5つの街(オークランド・フェニックス・デトロイト・アトランタ・ニューハンプシャー)に設置されたマシンをネット(プリンターやメール、電話など)を介することで繋いでいきます。それぞれの街のマシンは、街を象徴する問題をテーマに作られています。

    video by New Creatures

    現代のコミュニケーションは、人だけでなくからくりマシンも繋ぎます。

    ◯◯なピタゴラ装置:
    複雑すぎて何が起きてるのか理解できないピタゴラ装置
    考えただけで気が遠くなる…。世界最遅のピタゴラ装置
    こういうのってずっと観ていられる。新たな発想のピタゴラ装置

    image & video by Common Ground via YouTube
    source: Common Ground via Neatorama

    Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
    (そうこ)