Appleのティム・クックCEO、大統領選が終わり「前に進もう」とメッセージ

Appleのティム・クックCEO、大統領選が終わり「前に進もう」とメッセージ 1

多様性が大事です。

ヒラリー・クリントン陣営にて副大統領候補だったとされる、Apple(アップル)CEOのティム・クック氏。同氏は共和党候補のドナルド・トランプ氏が勝利した11月8日の大統領選挙について、従業員に対してメールを送っています。

BuzzFeedNewsが全文を掲載しているので、ここではその一部を紹介しますね。

今回の大統領選挙について、たくさんの意見を聞きました。(中略)社内でもさまざまな意見の違いはありますが、「共に前に進む」ことのみが物事を前進させるのです。

Appleの目標は全く変わっていませんし、従業員の出自にかかわらず我々は多様性を尊重します。Appleは1つの大きな家族のようなもの。もし不安を感じている同僚がいれば、手を差し伸べてあげてください。

共に、前へと進みましょう!

今回のメッセージの中には、トランプ氏やヒラリー氏などの特定の候補者の名前は登場しません。このような公平で冷静な立場は日本人からすると歓迎すべきもののように感じられますが、アメリカではどうなんでしょうね。

産経ニュースハフィントンポストなど複数メディアの報道によると、トランプ氏は当選後、これまでの過激な言動とはうって変わり、「イスラム教徒の入国禁止」を公式サイトから削除していたり(後に復活)、オバマ大統領と和やかに会談しているとのこと。彼によって、未来のアメリカはどのように姿を変えるのでしょうか。

2016年アメリカ大統領選:
Aphex Twinが米大統領選へ向けたメッセージを公開
トランプ大統領誕生目前!? カナダ入管局のサイト落ちる
任期終了目前、1000万人以上のフォロワーを持つオバマ「大統領」のTwitterアカウントはどうなるの?

image by Laura Hutton / Shutterstock.com

source: BuzzFeedNews, 産経ニュース, ハフィントンポスト

(塚本直樹)