音速特急ハイパーループ、その構想は1965年には存在していた!? 1

1965年に想像されていた未来へと近づきつつある?

2013年にイーロン・マスクハイパーループについてのアイデアをお披露目してからというもの、私たちはそれの実現を辛抱強く待ち続けています。でももっと前から待ちわびている人もいるのです。トップの画像を見てください。これは1965年に発行された日曜版のコミック・ストリップ(訳注:連載漫画のこと)で、ハイパーループのデザイン画に非常によく似た列車が描かれています

1960年代、『Our New Age』というコミック・ストリップが世界中の新聞紙に掲載されていました。作者は科学者で教授であるアセルスタン・スピルハウス氏で、1958年にソビエト連邦がスプートニクを発射したことに対する直接的な反応として、連載を開始したのです。その目的は、西洋社会の子供たちに科学とテクノロジーに興味を持ってもらうことだったのでした。

スピルハウス氏はのちに、「ばかげたことですが自分の子供たちが漫画を読むことに反対するよりも、漫画に何か良い点を入れようと決めたんです、もっと面白くて潜在的な教育をもたらせるようなものをね」と回想しています。

その漫画の構成はとてもシンプルなもので、約20年にわたる長期連載には漫画を描いたイラストレーターは3人いましたが、彼らとスピルハウス氏は、ある科学的な功績の歴史を読者に示し、それから該当分野の当時の状況を説明していました。なかには、未来のあるべき姿を見せる漫画もあったのです。

1965年7月17日号のトピックは、「鉄道の軌跡」についてでした。イラストレーターの1人であるGene Fawcetteによって描かれた列車の未来の姿は、ハイパーループによく似ていたのです。

音速特急ハイパーループ、その構想は1965年には存在していた!? 2

その号の漫画は「世紀の変わり目には、鉄道は安全で心地よく、地上で最も速い交通手段でした」という文から始まっていました。

音速特急ハイパーループ、その構想は1965年には存在していた!? 3

続いて、1965年当時ではどこの鉄道が世界で最も発達していたのかという説明が続きます。

(訳注:第二次世界大戦後、米国の鉄道は衰退していた)鉄道は復活しなくては! 日本では既に4000万人が暮らす東京から大阪間の300マイル(約480km)を、たった3時間で走る鉄道が存在します! 鉄道の世界記録は10年前フランスで樹立された、時速205マイル(約330km)でした。これは、とても特別なことでした!

音速特急ハイパーループ、その構想は1965年には存在していた!? 4

上の漫画の左側には、「米国には、チューブの中を車輪のない変わったデザインの列車が時速何百マイルで移動するという計画があります!」と書かれています。その「車輪のない変わったデザインの列車」こそが、2013年にイーロン・マスクが提案したハイパーループのデザインにそっくりだったのです。

とはいえ、もちろん2013年のデザインのほうが明らかに洗練されていますね。

音速特急ハイパーループ、その構想は1965年には存在していた!? 5

2013年にイーロン・マスクが発表したハイパーループのデザイン by Hyperloop

続いて漫画の右側には、「自動車の渋滞を解消するための都市の交通手段では、5、6人の乗客をエンドウ豆の鞘のようなポッドで移動。ポッドはビルを通過、あるいは停車できるほど小型で、空気の噴出によって浮き、チューブ内を移動します」と書かれています。

音速特急ハイパーループ、その構想は1965年には存在していた!? 6

「駅に行って目的地を押して、運賃を入れポッドに乗り込めば、行きたい場所までのノンストップな旅へと自動的にソートされ、コンピューターによって制御されるのです」という内容で漫画は締めくくられていました。

1962年にスピルハウス氏と対面したケネディ大統領が、「私が学んだ唯一の科学は、ボストン・グローブ紙に掲載されているあなたのコミック・ストリップからでした」と語ったというウワサからは、『Our New Age』が当時広くに影響力を持っていた連載だったことがうかがえます。

世界各国のチームが各自の設計を進めている今、私たちは未だにハイパーループの登場を待ち続けています。もうしばらく辛抱する必要がありそうですね。このコミック・ストリップが発行された1965年から数えると、50年以上も前から待ち望まれたことになるハイパーループ。私たちの新時代、実現の日は近づいています。

夢の交通システム「ハイパーループ」関連記事:
夢の音速特急「ハイパーループ」の実験が無事終了!
「ハイパーループ」、誰が何やっていつできそうなの? まとめます
「ハイパーループ」いよいよ本格始動、建設中のテストトラックの構内イメージも

image by 1965年7月17日号、日曜版のコミック・ストリップ『Our New Age』からの抜粋(Novak Archive), Hyperloop
source: Novak Archive, Twitter

David Nield - Gizmodo Paleofuture[原文
(たもり)