ちょい懐かし。Twitter、QRコードによるプロフィール表示に対応

ちょい懐かし。Twitter、QRコードによるプロファイル表示に対応1

あ、これ昔のケータイで見たことある!

Twitterは本日、QRコードによるプロフィール表示に対応しました。QRコードを表示して、相手とTwitterアカウントを交換…なんだか、昔こんな感じで連絡先を交換していたことを思い出してしまいますね。

ちょい懐かし。Twitter、QRコードによるプロファイル表示に対応2

image: Twitter

機能の利用方法は実に簡単。Twitterアプリのアカウント表示から設定(歯車)をクリックし、「QRコード」をタップしてください。これで、画面に相手から読み取れるQRコードが表示されます。逆に相手のコードを読み取る時は、自分のQRコード下にある「QRスキャナー」をタップしましょう。

また、自分のQRコードをTwitterに投稿することも可能です。

このようなQRコードはSNSサービス「Snapchat」にてすでに実装されています。個人間のアカウント交換にはもちろん、店舗によるプロモーションにもQRコード機能は役立つことでしょう。それにQRコードを名刺などの紙に印刷したりと、使い道はなかなか広そうです。

関連記事:
国別で見る、1番アクセスされているウェブサイト
1000万人以上のフォロワーを持つオバマ「大統領」のTwitterアカウントはどうなるの?

source: Twitter via 9to5Mac

(塚本直樹)