『ウォーキング・デッド』であの人の頭をかち割った最凶武器が発売。なんで商品化した!

『ウォーキング・デッド』であの人の頭をかち割った最凶武器が発売。なんで商品化した! 1

“ルシールは……喉が渇いてる。彼女は吸血バットだ”

地獄の尖兵『SPAWN』の生みの親であるトッド・マクファーレンが率いるアクションフィギュアメーカー、MCFARLANE TOYSからドラマ『ウォーキング・デッド』の最凶武器のレプリカが発売されます。

ウォーキング・デッド』は、現在シーズン7が世界中で放送、配信中の大人気パニック・サバイバル・ドラマ。ゾンビがはびこる極限下で生きる人々の、新しい世界に順応していく中での葛藤が描かれています。

これまでにもダリルのクロスボウミショーンの刀など、個性的なアイテムが登場していますが、今回商品化される有刺鉄線バットの「ルシール」は、最も強烈な印象を残した武器に違いありません。

以下にはシーズン7第1話までのネタバレが含まれています。ご注意ください。

『ウォーキング・デッド』であの人の頭をかち割った最凶武器が発売。なんで商品化した! 2

ルシールが初登場したのは、シーズン6の最終話

6シーズンかけて最高の仲間と安全地帯を手に入れた主人公のリックは、今や向かうところ敵なしの最強集団となった……。すっかりそう思い込んでいた生存者たちと視聴者の前に登場したのが、ニーガンをリーダーとする謎の武装集団「救世主」です。

「救世主」を対処が可能な敵と判断していたリックたちは、たった1エピソードのうちに戦闘する機会すら与えられずに追いつめられ、捕らえられてしまいます。小さな伏線によって積み重なったイヤな予感が一瞬で現実的な脅威に変わる素晴らしいドラマ展開が、リックたちと視聴者を絶望のどん底へ突き落としました。

『ウォーキング・デッド』であの人の頭をかち割った最凶武器が発売。なんで商品化した! 3

ニーガンってどんな人?
・無慈悲にして有言実行
・常に余裕のある態度をとる。
・意外と清潔感がある。
・「俺に従え、さもないと殺す

ニーガンはこれまでに登場した中でも最強の、崩壊した世界へ完璧に順応した敵キャラクター。話し合いの余地もない、一方的で強大な戦力を持ちながら、単なる賊とは一線を画す、厳格なルールで「救世主」の軍勢を統率するカリスマがニーガンであり、彼が愛用する武器こそが「ルシール」です。

ルールを破ったものに容赦なく振り下ろされる吸血バットは、レプリカとなっても禍々しいオーラを放っています。McFarlane Toysの動画と画像でご覧ください。

『ウォーキング・デッド』であの人の頭をかち割った最凶武器が発売。なんで商品化した! 4

『ウォーキング・デッド』であの人の頭をかち割った最凶武器が発売。なんで商品化した! 5

『ウォーキング・デッド』であの人の頭をかち割った最凶武器が発売。なんで商品化した! 6

『ウォーキング・デッド』であの人の頭をかち割った最凶武器が発売。なんで商品化した! 7

大切な仲間の頭をかち割った凶器をなんで商品化しちゃったのか、開発者を問いつめたいところですが、確かに少しほしい気もする危険な魅力を感じます。

ポリ塩化ビニル製なので、もちろん処刑は不可能ですが、品質の高さはさすがマクファーレントイズ。精巧な塗装が施された非常にリアルなレプリカになっています。

発売は2016年12月15日の予定で、米Amazonから予約購入が可能です。

©2016 McFarlane Toys. All Rights Reserved
© 2010-2016 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.

関連記事
ゾンビドラマ『ウォーキング・デッド』のテーマをバグパイプ+メタルアレンジでカバー
ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン6のゾンビ頭スパッとシーンの裏側
クレイジーかつ楽しい、子どもたちによる「ウォーキング・デッド」コスプレ

image by vimeo, McFALANE, AMC
source: vimeo, McFALANE, Amazon.com, AMC

勝山ケイ素