自分はロボットじゃないって本当に言い切れる?

自分はロボットじゃないって本当に言い切れる? 1

専門家に意見を求めるシリーズ・GIZ asksへようこそ。

今回は、「自分がロボットのような人工知能体であることを知らずに生きることが可能かどうか」聞いてみました。

いま米国で超人気のSFテレビシリーズ「Westworld」では、最新体験型テーマパーク「Westworld」を訪れたリッチなくそやろうたちから不当な扱いを受けたり殺されたりするアンドロイドたち。そんな異世界のような映像を目にしながら頭に思い浮かぶのが、「どうして自分はロボットではないと言い切れるのか」という疑問。自分は精巧な人間型ロボットでなく、自由な意思を持った人間であると本当に言い切れるのでしょうか

米Gizmodoが質問を投げた相手は、哲学者、元ソフトウェア・エンジニアジャーナリスト。あなたはどの意見に最も共感できますか?

ブルース・スターリング

サイエンス・フィクション作家、ジャーナリスト、理論家。

聡明なロボットなら、2分で自分が人間じゃないことに気づくだろう。

呼吸や食事、排泄をしないこと、両親がおらず、子どもの頃の懐かしい記憶がなく、年もとらない。脈も体温もないうえに風邪もひかず、睡眠もいらない。

こうした人間固有の特徴を偽物の記憶でプログラムしたとしても、自分の体が人肉でない事実は明白なはずだ。もし君が人肉でできているならば、ロボットじゃないといえる

ロボットが物理的に存在せず、完全にソフトウェアである場合も考えられるが、我々をつくる物理的な世界を模倣せずして人類を模倣することはできないと私は考えている。すなわち人類は、太陽の光、酸素、雨、体内のバクテリアの産物で、カラスやイルカなどの生き物を体現している。

カラスやイルカは人間のように賢いが、もし誰かが「自分のことを本気でカラスだと信じているロボットはどうだろう」なんて言えば、それはばかばかしく聞こえるだろう。

Evan Selinger

ロチェスター工科大学 哲学部教授。

こうした「自分は本当にロボットではないのか」というような質問は、まったく新しいものじゃない。

少なくとも近現代の初めにはルネ・デカルトが、「自分と同じようなルックスで同じように振る舞う人々が本当にロボットではないか」と疑ったことがある。彼がこの問題にたどりついたのには、自分で自分の思考に行き着くことはできるものの、同じようにして他人の頭の中に入り込むことはできないと考えたことから。彼にできたことは、周囲の者が人間であると推量し、自分は欺かれてないことをが保証してくれている信じることだった。

神がどうだという話を一時保留して、我々の意識の存在を疑わずしてもなお、自分が高度に洗練された人工知能でないか葛藤する余地が残る。内省的に有利だという点で私たちはこの疑問を解くことはできない。他人に聞いたとしても確かなことは得られない。彼らも自覚のないロボットかもしれないのだから。

そこで出産について考えてみたい。この世に生まれてきた人なら誰もが人体生物学に関わっていることが実証できる。それでも、高度に進化した人種が開発できるであろう人間そっくりなアンドロイドの可能性は除外できない。

これらを踏まえて、このジレンマから抜け出す方法は、哲学的懐疑論から日々の実用主義の見方を区別することだと私は思う。知的に、この問題に対する見解は永遠に堂々巡りする。ただ自律した倫理的な生き物として推測できるのは、我々は炭素でシリコン製ではないということ。この論理飛躍なしには、アイデンティティー・クライシスに陥りそうだ。

Susan Scheider

コネチカット大学 哲学・認知科学助教授、イエール大学 生命倫理学Interdisciplinary Centerメンバー、ライター。

自分が機械であるかどうかを探求することは意識的なもので、自分がそうでないと感じるならば、あなたはロボットを含む人工知能などの類いのものではない。今すぐにそう言えるなら、自覚があるということだ。

David Auerbach

ライター、コンピュータ・サイエンティスト。元Google、Microsoftのソフトウェアエンジニア。

ばかげた言動や不条理さは、人間の証。人類が自然の産物で、ロボットが人工的な創造物ならば、自分をデザインした人は、自然と見分けのつかないものを作るなんて相当横暴でばかげたアプローチを取ったものだ。そんなものをつくる隠れたクリエイターの存在がいるかどうかという点で、自分はロボットだと思わない。

何かしらの目的のもと、自分が創造された。そう考えると一気に心のざわつきが増してくる。このことこそが今回の質問に人々が興味をそそられる理由なのかもしれない。自分がロボットであることは、何かしらの罠にハマっていて、自由で自律した身だと感じるにも関わらず、自分が誰かにとってのただのツールかもしれないのだから。我々が恐れているのはロボットであることよりも、自分や周りの人々が見かけ倒しのいかさまな存在であることに恐れを抱くのだ。

もしかすると我々は「もしドナルド・トランプが大統領に選出されたらどうなるか何が起きるか」を投影するための人工知能のシミュレーターなのかもしれない。もし我々が息をしながら生活する生き物なら、もし困難に向き合いながら世界を生きているなら...これ以上に本物だといえる世界はない。この世界を実験と呼ぶものなら、我々の生活や我々の葛藤を非現実的に捉えさせてくれるかもしれない。もし「人間ならこうするだろう」と考えながら生活行動するなら、人類の定義にぴったり合うだろう。きっと究極的にはロボットで、なお事実上は人間なのだ。

ただ、人間であることが何か。このことについて人々が考えているのはバラバラで、文化には多くの異なる人としての要素、人間性や魂が詰まっているが、それらはどれも実証されていない。我々はロボットではないが、人々が思っているような存在でもない

関連記事:
今すぐ死にたくなる絶望的な未来予想図10選
未来を想像する、SFなTEDトーク10選

Sophie Weiner - Gzimodo US [原文

(Rina Fukazu)