アメリカとヨーロッパの街並みが異なる理由

アメリカの街並みがヨーロッパと異なる理由

さて問題。ニューヨークパリどちらのほうが人口密度が高いでしょう?

迷わずに「ニューヨーク!」と感覚的に選びたいところを、「じつはパリだ」と睨んだ人がいたら、さすがです。

統計の取り方にもよりますが、地理や経済、マーケティングなどの分析を行なうWendover Productionsによると、パリの人口密度は1平方キロメートルに2万2000人、一方のニューヨークは1万500人だといいます。

それでは、歴史あるパリと都会的なニューヨークで街のレイアウトがどう異なるのか。以下のWendover Productionsの動画によると、都市が形成された時代と、富裕層がどこに住んでいたかという2つの重要なポイントがありそうです。

動画によると、アメリカの富裕層は都会から離れた郊外に好んで住んだ一方、ヨーロッパでは都心に住む傾向があったといいます。なぜでしょうか。

自動車や電車などの交通網が発達していなかった数百年前、人々は仕事場まで徒歩で通勤する必要がありました。中世のフランスはすでに20~30万人の人口を抱える大都市で、街の端から端まで歩くのに30分程度。富裕層は、長い距離を歩くのを好まなかったことからできるだけ都心に居を構えようとしたようです。1500年代パリの世帯収入マップを参照すると、富裕層が環状に都心を取り囲むように住んでいたことが瞭然なのだとか。

ちなみに、ヨーロッパで歴史ある高級ホテルには低層フロアに広くラグジュアリーな部屋が多くありました。これも似たようなことで、エレベーターがない時代に建設された、階段を登りたがらなかい富裕層のためだったのです。

1 アメリカの街並みがヨーロッパと異なる理由

また大都市に限らず、このようなヨーロッパの小さな街がどこも同じようなサイズ感なのは、周囲の畑に徒歩で移動できることを重視していたため。この点、アメリカは農村のなかに家を建てて、必要なときに街に出かけるというアプローチが主流なのでした。

アメリカの都市が建設されたのは、すでに自動車や電車などの乗り物が利用できる時代。ただし、自動車の価格や電車の運賃が高かったことから実際に利用できたのは、富裕層のみ。ニューヨークの世帯収入マップでは、都心から離れている駅の周辺に富裕層のコミュニティーが形成されていたことがわかるようです。

アメリカとヨーロッパの街並みが異なる理由 1

戦後は中間層がマイホームやマイカーを購入できるようになり、郊外に広い家を安く買う人々が増加。このことで徐々に発達した郊外が単なる都会の延長になったことから、アメリカの富裕層はいま、都会に戻ろうとする傾向もみられるようです。

どの時代にも、政治や文化的背景、そして人々のライフスタイルが街のレイアウトに表われるならば、これからはどんな都市が形成されていくのでしょう。やはり鍵を握るのは富裕層なのでしょうか。

source: Wendover Productions - YouTube

Casey Chan - Gizmodo SPLOID [原文
(Rina Fukazu)