国別で見る、1番アクセスされているウェブサイト(追記あり)

国別で見る、1番アクセスされているウェブサイト(追記あり) 1

インターネットの王者は…?

Amazonが提供している、ウェブサイトのアクセス情報などの収集・解析ツールAlexaが、世界で最もアクセスされているウェブサイトをランキングで発表しました。まぁ、予想通りっちゃ予想通りで、検索の巨人Googleがトップです。

1位 Google.com
2位 Youtube.com
3位 Facebook.com
4位 Baidu.com
5位 Wikipedia.org
6位 Yahoo.com
7位 Google.co.in
8位 Twitter.com
9位 Amazon.com
10位 Qq.com
次点 Google.co.jp

さらにこのランキングを国別で見ることもできますが、ネタ元のindy1001位をマップ化した、トップにもあげたこちらの画像を見れば一目瞭然。

国別で見る、1番アクセスされているウェブサイト(追記あり) 2

世界がどれだけググっているのか一目でわかります。それ以外のサイトだと、中国では自前の検索サイトBaidu.comが、ロシアではSNSのVk.comがトップです。カザフスタンとアルジェリアは、どんだけYouTubeが好きなんだよと突っ込みたくなりますね。

ちなみに、日本のトップ10はこのように。Yahooが2位のところは、ヤフーでググる日本ならではですね。

1位 Google.co.jp
2位 Yahoo.co.jp
3位 Google.com
4位 Youtube.com
5位 Amazon.co.jp
6位 Fc2.com
7位 Twitter.com
8位 Facebook.com
9位 Nicovideo.jp
10位 Wikipedia.org
次点 Rakuten.co.jp

(追記11月14日12:40):ソース元を「Amazonの人工知能Alexa」としていましたが、正しくは、「Amazonが提供している、ウェブサイトのアクセス情報などの収集・解析ツールAlexa」です。お詫びして訂正いたします。

インターネット関連記事:
世界のインターネット・北朝鮮編(なぜかリークされて閲覧可能に)
インターネットプロバイダーがユーザーの情報を勝手に売ることが禁止に。

image by indy100/Louis Dore/Carto
source: Alexa via indy100

(そうこ)