これが物流センターの最前線。コンピュータが管理する倉庫「Amazon Robotics」潜入レポート

これが物流センターの最前線。コンピュータが管理する倉庫「Amazon Robotics」潜入レポート 1

本日からビッグセール「サイバーマンデー 2016」が始まり目が離せないAmazonですが、裏ではこんなことになっていました。

新たな物流拠点Amazon川崎FCでは、日本国内においてはじめてAmazon Robotics(アマゾンロボティクス)を導入。Amazon Roboticsとは、ポッドとよばれる棚とそれを運ぶドライブからなる可動式の商品保管棚のことで、これにより「人が倉庫の中を歩き回るのではなく、棚が倉庫の中を動く」という従来とは正反対の物流倉庫が誕生しました。

これが物流センターの最前線。コンピュータが管理する倉庫「Amazon Robotics」潜入レポート 2

外観は他の物流センター変わりありません。しかし、その内部はコンピュータとロボットが商品を管理する世界が広がっています。

これが物流センターの最前線。コンピュータが管理する倉庫「Amazon Robotics」潜入レポート 3

こちらが黄色い棚のポッドを運ぶドライブ。なんだかロボット掃除機のような見た目ですが、最大なんと340kgのポッドを持ち上げ倉庫内を動き回ります。

倉庫内の様子。高さ2.5mほどのポッドがぎっしりと立ち並び、それをドライブが必要に応じて運びます。移動速度も秒速1.7mということで、人が歩くスピードより速く、そして無駄のない動きで棚ごと商品を運びます。

これが物流センターの最前線。コンピュータが管理する倉庫「Amazon Robotics」潜入レポート 4

天井にカメラセンサー等がついているわけではなく、ドライブは一定間隔に配置されたバーコードを読み取り自身の位置を認識。コンクリートの地面にはドライブが動いた跡が残っており、その動きの正確さがうかがえます。

これが物流センターの最前線。コンピュータが管理する倉庫「Amazon Robotics」潜入レポート 5

そして、ドライブが動き回るエリアは黒いフェンスで囲まれていて、人が立ち入ることはできません。フェンスの横には棚入れと棚出しの作業スペースが配置されていて、そこで人が運ばれてきたポッドに在庫商品を詰め込んだり、配送商品を取り出したりします。

これが物流センターの最前線。コンピュータが管理する倉庫「Amazon Robotics」潜入レポート 6

こちらが棚入れの様子。もっとも効率よく商品の保管ができるようディスプレイに表示されたコンピュータの指示に従って人が在庫商品を詰めていきます。ポッドは4面すべてが棚になっており、商品を入れるスペースも大きいものから小さいものまでさまざま。棚入れの必要に応じてドライブはポッドを回転させます。

そして、コンピュータが管理するため、ポッドごとに商品のジャンルが決まっている必要がありません。そのため人の目には商品が完全にランダムに並んでいるように見えます。

これが物流センターの最前線。コンピュータが管理する倉庫「Amazon Robotics」潜入レポート 7

こちらは棚出し作業用のスペース。棚入れと同様に、取り出すべき商品の位置がディスプレイに表示されています。すべての商品と棚の位置はそれぞれに貼ってあるバーコードによって紐づけされており、棚入れ・棚出しのたびに人が読み込んで管理していきます。

Amazon川崎FCでは、コンピュータがもっとも効率の良い動きを計算し、機械のみならず、人までもがその指示に従い商品を黙々と出し入れする世界が広がっていました。いずれは人が完全にいなくなり、コンピュータがすべてを管理する倉庫も数十年後には現れるのかもしれません。

関連記事:
物理ボタンひとつで即注文! 「Amazon Dash Button」が日本上陸
並ぶ必要なし! Amazonがレジなし食料雑貨店「Amazon Go」を発表
初日の目玉はこれ! 4K液晶テレビなどが揃う「Amazonサイバーマンデー 2016」がスタート

source: Amazon川崎FC

(kazoomii/撮影: 斎藤真琴)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE