コロニー存続の鍵をも握る? アリのキスには予想以上の意味があった

コロニー存続の鍵をも握る? アリのキスには予想以上の意味があった

CHU!

人間がキスをするとき、たいていの場合は、好きな相手と感情を確かめあうためです。キスをする動物は他にもいますが、アリの世界のキスはちょっと違います。

eLifeにて公開されたScienceの新たな研究によると、アリのキスは情報交換、メッセージのやりとりに使われているようです。虫が口から口に分泌物を交換する習性、栄養交換(Trophallaxis)はアリだけでなくハチにも見られる行為。今までは自分の巣の仲間たちと食べ物をわけあうためと考えられてきました。ところが今回フロリダオオアリの習性が研究され、栄養交換で交換される分泌物には、消化、成長、仲間の認識、免疫に必要な成分に加え、幼虫の成長を促進する幼若ホルモンも含まれていることがわかりました。

この結果から、栄養交換は単なる食べ物や消化酵素の伝達ではなく、個体間のプライベートなメッセージのやりとり=幅広い意味をもつコミュニケーションだと考えられるというのです。つまりアリにとってキスとは、コミュニケーション兼自身のコロニー存続のために必要なツールを渡していくという、人間のキスからは想像もつかないほど大きく重要な役割があるわけで。

研究論文の執筆者の1人、スイスのローザンヌ大学の進化生物学教授Adria LeBoeuf氏は、特に幼若ホルモンの発見は大きな意味があるとし、幼体が成長したとき何になるのかを、親が決めている可能性があると語ります。

今回の研究で、アリだけでなく他の昆虫、動物の栄養交換にも知られざる役割がある可能性が見直され、生態を知る上での新たな要素となりそうです。

生物のコミュニケーションスキル:
サルが空気を読む能力は想定外に高度、他者の間違った思考までお察し
陽気な声でけなしても犬にはバレる

image: Adria C. LeBoeuf
source: eLife, Science

Sophie Kleeman - Gizmodo US[原文
(そうこ)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE