iPhone 6sのシャットダウン問題は思ったより根が深いかも

iPhone 6sのシャットダウン問題は思ったより根が深いかも 1

予想外に反響が広まっています。

iPhone 6sに降ってわいた、一部の端末の電源が突然シャットダウンされる問題。Apple(アップル)はこれについてバッテリー交換プログラムの公開とその原因の公表しており、問題は収束に向かうか…と思いっていたら、どうも雲行きが変わっているようで、新たな問題が出てきていると9to5Macが報じています。

ことの次第は、11月に中国の消費者保護団体による調査要求から始まったとされるこの問題。Appleは調査の結果、「2015年の9月〜10月に製造されたごく一部のiPhone 6sが突然シャットダウンしている」として、バッテリーの交換プログラムを開始した、という流れ。

そして、前述のように12月の頭にAppleがバッテリー問題の原因(バッテリー製造過程での外気への長時間露出)を公表したのですが...。なんと、今度はバッテリー交換プログラム対象外のiPhoneからもシャットダウン問題の報告が寄せられる事態になっています。

現在Appleは対象外の端末のバッテリーを交換していませんが(Apple Care+に加入していない限り)、現在問題を調査中だと報告しています。Appleの報告は以下のとおりです。

交換対象外の一部の顧客からも、突然シャットダウンするという報告があります。これらの現象のいくつかは、iPhoneが電子部品を守るために通常の状態でも起きうるものです。またより多くの情報を収集するため、私たちは追加の診断機能を来週配信されるiOSのソフトウェアップデートに搭載します。

そして今後数週間にわたって情報を集め、それによりバッテリーパフォーマンスとシャットダウンを管理するアルゴリズムを改善できる可能性があるのです。そしてもし改善が可能なら、将来的にソフトウェアアップデートによって配信する予定です。

まとめると、次のiOSアップデートにはiPhone 6sのバッテリー問題の診断ツールが含まれます。Appleはソフトウェアアップデートで問題を解決すると語っていますが、はたしてそれは可能なのでしょうか?

iPhone 6sシャットダウン問題:
Appleが「iPhone 6sのシャットダウン問題」の原因を公表
Appleが「iPhone 6sのシャットダウン問題」確認サイトを公開
最新iOSでバッテリーの残量表示がおかしい。あなたのiPhoneは大丈夫?

source: 9to5Mac, PCWorld, Apple

Christina Warren - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE