腹ぺこバクテリアが下水からエネルギーを取り出し、電力なしで水を浄化

腹ぺこバクテリアが下水からエネルギーを取り出し、電力なしで水を浄化

バクテリア、大活躍です。

Phys.orgによりますと、ベルギー、ゲント大学の研究者たちが未処理の下水からエネルギーを取り出すことで、外部電力を必要としない下水の浄化方法を編み出しました。全ては腹ぺこバクテリアのおかげです。まだ研究室で実験をしている段階ですが、業界リーダーたちは実用化に興味津々のようです。

生み出された方法は、これまでも下水処理に利用されてきた「接触安定化法」を効率的にしたもので、とても環境に良いものになり得るのです。少なくとも下水処理施設に関するある研究では「環境における水質汚染が与える影響は、大気の汚染よりもはるかに大規模なものだ」と結論づけており、下水処理の重要性は高いといえます。

ゲント大学の微生物生態学・微生物技術センターのFrancis Meerburg博士はこの手法の開発についてこのように説明しています。

下水内の有機物レベルは、直接活用するには低すぎます。我々はバクテリアを使ってこの物質を捕らえられないか、研究しました。そのために、いわゆる接触安定化法の高効率なバリエーションを開発するという、独自のアプローチを行ないました。

Nico Boon教授はバクテリアが汚物を食べる工程をこんな風に解説しています。

バクテリアを周期的に飢えさせます。これは「断食療法」みたいなものです。その後、下水を貪欲なバクテリアと一時的に接触させると、バクテリアは有機物をがっつきますが、すべてが摂取されることはありません。こうすると、未消化の物質はエネルギーの元と質の高い生成物として我々が集めて利用できるようになるのです。残りのバクテリアは飢えさせておいて、また下水を浄化させます。

研究では、この方法を使うことで「下水から55%の有機物を回収可能」と判明しました。通常の処理方法で回収できるのは20~30%なので、大きく上回る数値です。そしてこの値で有機物質が回収できれば、処理プロセスに必要なエネルギーもすべてそこから賄えるとされています。

下水業界はすでに実用化に貪欲なよう。Meerburg博士はDC Water(米ワシントンDCの上下水道会社)で働いて、ワシントンDCの下水を処理しようかな、なんて語っています。早くもDC Waterでは今回編み出された手法を導入して、下水処理施設の効率化が図れるか評価を始めているようです。

エコロジーの関連記事:
エコへの進化。Macがプランターになります
ウ・ン・チから石油が作れてしまう新技術に脚光!

image by Vladimir Mulder / shutterstock.com
source: Phys.org, Ghent University, NCBI
参考: JSTOR

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(abcxyz)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE