Bluetoothに「5」がやってくる。速度2倍、範囲4倍のスゴイヤツ

Bluetoothに「5」がやってくる。速度2倍、範囲4倍のスゴイヤツ

どれくらい使い勝手がよくなるかな?

ペアリングはちょっと面倒くさいけど、なんだかんだいって毎日使うBluetooth。無線イヤホンやテザリング、それにIoT関連の機器でも大活躍中です。9to5Macによりますと、規格団体のBluetooth SIGは新たに、新規格「Bluetooh 5」の採用と機器メーカーへの提供を発表しました。

昨年6月には発表されていたこのBluetooth 5、その特徴は従来規格(Bluetooth 4.2)とくらべて2倍の通信速度と4倍の通信範囲を達成していることでしょう。これまでBluetoothは手軽だけど、なんとなくパワー不足を感じることが多かったのですが、これで対応機器同士ならより安定した通信が可能になりそうです。また、ブロードキャストメッセージの容量も8倍に拡大されています。

このパワーアップにより、Bluetooth 5は家全体や建物内での利用の他、アウトドアや産業用、商業用とさまざまな場所での活躍が可能になります。さらに「IoT分野」においても、機器間のシンプルかつ簡単なネットワークの構築が可能になるのです。

Bluetooth 5対応製品の出荷は2〜6カ月以内を予定。来年登場するワイヤレス機器は、Bluetooth 5対応のものが増えるでしょう。もしかしたら、来年の次期iPhoneも対応するかも…? 早くその高速通信を体験してみたいですね!

もっと読む:
ワイヤレスコントローラーアダプターで、復刻版ファミコンをより快適にプレイ!
深みも色味も段違い。新世代のBluetooth「aptX HD」がワイヤレスリスニングを変える

source: 9to5Mac
(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE