BMWやフォルクスワーゲンら、ヨーロッパでEV車の急速充電スタンドを整備へ

BMWやフォルクスワーゲンら、ヨーロッパでEV車の急速充電スタンドを整備へ 1

EV車には必須です。

Tesla Motorsだけでなく、自動車メーカー各社が力を入れる電気自動車(EV車)。その普及には車体の開発だけでなく、充電スタンドの整備が必要となります。そこでBMWやダイムラー、フォード、フォルクスワーゲンなど自動車メーカーは共同でヨーロッパに急速充電スタンドを設置することで合意しました。

ネタ元のVergeによると、今後設置される急速充電器は、最大で350キロワットの充電能力を持つそうです。これはTeslaの急速充電器のほぼ3倍というパワフルなもの。設置は2017年から約400カ所で始まり、2020年には数千カ所の給電ステーションを設置する予定です。

このようにして共同グループを設立する目的は、急速充電規格の標準化戦争に勝利するという別の側面もあります。今回の4メーカーは「Combined Charging System(CCS)」という規格を採用していますが、トヨタや日産、ホンダなど国内勢は「CHAdeMO」という規格を推進中。またTeslaの電気自動車はオプションパーツでCHAdeMOへと対応可能です。

なお、Teslaの急速充電器は120キロワットの給電速度で約170マイル(約270km)分の充電を30分で可能です。これが3倍の給電能力なら、もっと素早く充電が終わることでしょう。ガソリンスタンドではなく給電ステーションを回りながらヨーロッパを旅する、そんな未来がもうすぐそこまでこようとしているようです。

関連記事:
時速100km到達まで1.5秒! 電気自動車で衝撃の世界記録を樹立
日本生まれのEVグランツーリスモ。2019年にデビュー予定

image by BMW Group

source: The Verge

(塚本直樹)