Apple「iPhone 6sが突然シャットダウンする問題」の原因を公表

  • カテゴリー:
  • News

Apple、iPhone 6sの突然シャットダウン問題の原因を公表

バッテリーって、繊細ですね。

Apple(アップル)がバッテリー交換を開始し、ついに日本語でシリアル番号のチェックサイトも公開されたiPhone 6sが突然シャットダウンする問題。これについて、Appleは公式に「バッテリー製造過程に問題があった」との声明を出しています。

MacRumorsが取り上げた、Appleの中国版公式サイトの説明によると、2015年9月〜10月に製造されたiPhone 6sの一部のバッテリーが「製造工程で過度に外気に晒された」ために問題が起きたそうなんです。そのためバッテリーが通常よりも素早く消耗したり、時に予期しないシャットダウンを起こすとのこと。そして、これは「安全上の問題ではない」ことを強調しています。

また、iPhoneには「異常な低温下」など特定の条件下で自動的にシャットダウンする機能が備わっているそうです。そして今回のようにバッテリー残量が30%付近でシャットダウンされたのも、低電圧から内部パーツを守るためだとしています。

実はこのような現象、僕が所有していたiPhone 6sでも経験したことがあります。当時は外れを引いたかな…と思っていたのですが、本当に外れだったようです。もちろんAppleは無料のバッテリー交換プログラムを行なっており、シリアル番号を入力するだけで交換対象端末かがわかるサイトを用意しています。今回の不具合に心あたりがある方は、ぜひチェックしてみてください。

iPhoneのバッテリー問題:
最新iOSでバッテリーの残量表示がおかしい。あなたのiPhoneは大丈夫?
iPhone 6sいきなりシャットダウン問題にバッテリー交換プログラムが登場
ぜひチェックを。AppleがiPhone 6sのシャットダウン問題確認サイトを公開

image by MacRumors
source: MacRumors, Apple 1, 2

(塚本直樹)