クリストファー・ノーランが描く撤退大作戦! 映画『ダンケルク』予告編

クリストファー・ノーランが描く撤退大作戦! 映画『ダンケルク』予告編 1

IMAXで観たい!

『ダークナイト』、『インターステラー』でおなじみクリストファー・ノーラン監督の新作『ダンケルク(原題:Dunkirk)』の予告編が公開されました。

こちらはWarner Bros. Picturesの動画。

第二次世界大戦の初期、ドイツ軍に包囲された連合軍(英仏)が行なった大規模撤退作戦「ダイナモ作戦」を描く本作。「ダンケルク」とはその作戦の舞台となったフランスの港町の名前です。

1分10秒あたりで、英国旗を掲げたたくさんの小型船が登場しますが、これはダンケルクから逃げているのではなく、イギリス軍によって徴用された民間の船。イギリス軍は自らの軍艦で直接救出する他に、浜辺で待つ兵士をこういった民間の船に乗せて運んだ後、沖に待機させた軍艦に乗り換えさせる形で救出を進めました。

そんな事情を知らない(?)兵士(演:キリアン・マーフィー)が沖で救出され、船の行き先がダンケルクだと知り「俺は戻らないぞ」と言うのに対し、船長が「隠れてる場合ではない。我々にはやらねばならぬことがあるんだ」と返すのがカッコいい。

また、飛行機がたくさん登場していますが、この当時、ドイツ軍はとある事情から戦車での攻撃を一旦停止し空軍による攻撃に切り替えており、イギリス軍はそれを阻止すべく多数の戦闘機を投入しました。

なので、今作はド派手な航空バトルが期待できそうです。一瞬トム・ハーディー演じるパイロットが写りますが、おそらくイギリス軍航空部隊の中心人物の役なのではないでしょうか。

クリストファー・ノーランによる、残酷だけど美しい戦場の画が思う存分楽しめそうな作品。これはもうIMAXで見たいですね!

映画『ダンケルク(原題:Dunkirk)』は2017年に公開予定。

もっと読む:
戦争映画? クリストファー・ノーラン監督最新作「ダンケルク」ティザー予告編
90秒で振り返る「ダークナイト」3部作
「手で語る」クリストファー・ノーラン監督、作中の「手アップ」シーンをまとめてみました(動画あり)

©2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

image: YouTube
source: YouTube via GeekTyrant

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

    powered by CXENSE