フィンランドで冬の恐怖。DDoS攻撃で暖房が使えなくなった

  • カテゴリー:
  • News

フィンランドで冬の恐怖。DDoS攻撃で暖房が使えなくなった

寒い冬に、ゾーっとする話。

「DDoS攻撃? ランサムウェア? ハッキング? 私そういうのまったくわからないの。でも大丈夫よ、パソコン使ってないから、ネットもしたことないの!」…そうも言ってられない時代となりました。なんせ、DDoS攻撃で暖房が止まるってんですから。

boingboingによれば、事件が起きたのはフィンランドはラッペーンランタの街にあるビル2棟。この建物、オートメーション化が進んでおり、システム管理はシステム会社Valtiaが担当していました。DDoS攻撃を受けたのは、暖房や水温を管理するコンピューターで、2棟のビルは一時期暖房がシャットダウン。暖房が使えないのは一時的ですんだからよかったものの、フィンランドで冬に暖房が止まれば、生死に関わる問題ですよ。

IoTは、今までの「コンピュータへの攻撃」のイメージ以上の脅威を引き起こす可能性があります。もう誰も人ごとではないハッキングの世界。IoT、ネットセキュリティは性善説ではやっていけんのです…。見えない恐怖がそこに…。

IoTとハッキングについてもっと読む:
IoTプロダクトはこんなに簡単にハッキングされる
スマート冷蔵庫にポルノ画像…IoTの未来はいかに

image by dizain / shutterstock.com

source: boingboing
(そうこ)