素早く、臨機応変なドローンの答えは自然界に。モデルは....鳥

素早く、臨機応変なドローンの答えは自然界に。モデルは…鳥

鳥ですか。そうですか。

灯台下暗しとは言いますがね、ここまで当たり前な話も珍しいです。

ゴキブリをモデルに災害救助ロボットを開発」とか「サルを参考に高くジャンプできるロボットを開発」なんて言われると、なるほどそこに目をつけましたか!と「言われてみれば関連性がある」感がして頷いてしまうものです。しかし今回のドローン技術の参考になったのは鳥なんですね。一周まわって「そこに目をつけましたか!」と驚いてしまいます。

ドローンのようなマルチコプターは方向転換や急上昇となるとどうしても時間がかかってしまうものですが、New Atlasによれば、スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究チームによる鳥の羽の構造を身に着けたこのドローン、従来のドローンとの違いはその機動性と素早さ

旅客機だと非常に高い高度で乗客と貨物を運ばなければならないため、どうしても巨大な翼が必要になります。しかし素早く俊敏に動くことが目的であれば小さい後退翼の方がより空気抵抗が少なくなり機動性が高まるとのこと。

航空機のデザインは、何を削り、何を求めるか、という常にトレードオフとの戦いです。でも、鳥の場合は翼の形と大きさを素早く調節できるため、状況に応じて飛行方法を変えることができるわけです。それに習って柔軟性があり、折りたたむことができる人工の羽をドローンの翼に取り付けたそうです。

羽は飛行中に左右独立して折りたためるため、ドローンは素早く方向転換ができるだけでなく、風の向きが変わったり天候が変わったりしても対応できるとのこと。

もちろん、鳥の翼が持つ特性をすべて真似できているわけではありません。同じ大きさの鳥と比べると機動性は劣ります。鳥は翼自体をパタパタと羽ばたかせることであの素晴らしい機動性を得ているわけです。その点このドローンはプロペラにまだ依存しています。

とはいえ、鳥の翼の構造を持つドローンを本格的に生産していく...のが目的ではなく、コンセプトの証明が研究の狙いだったとのこと。すぐに鳥型ドローンがマーケットに出ることはなさそうですが、ドローン業界にとっては意味のある発見ではないでしょうか。

もっと読む:
Amazonが特許申請したドローンの休憩スポット案が鳥の巣みたいで微笑ましい
瓦礫もなんのその、4本足でモコモコ歩く脚型ロボットが災害現場で活躍する未来

images by YouTube
source: New Atlas, École Polytechnique Fédérale de Lausanne

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE