FitbitがPebble製品を2017年中もサポート継続へ

FitbitがPebble製品を2017年中もサポート継続へ

ユーザーも一安心。

スマートウォッチのパイオニア的存在でありながら、先日活動量計メーカーのFitbitに買収された「Pebble」。そのPebble製品について、Fitbit2017年中はサービスを継続することを発表しました。

もっと読む:
FitbitがPebble買収を正式発表。スマートウォッチ製品は終了へ

実は先日の買収時、すでにクラウドファンディングにて資金を集めていた未出荷の「Pebble Core」「Pebble Time 2」は返金が発表され、今後のPebble製品の行く先が心配されていました。しかしソフトウェアやサービスが継続されることで、まだしばらくはPebbleをいつも通りに利用し続けることができます。

また、The Next Webによれば、Fitbitは今後Pebbleのモバイルアプリをアップデートすることでクラウドサービスへの依存度を低下。たとえ将来的にサービスが終了したとしても、製品を使い続けられるようにしたいとしています。

唐突な買収劇から、なんとかユーザーフレンドリーな終着点へとソフトランディングしそうなPebble。今後のスマートウォッチ市場の先行きは不透明ですが、何らかの形でその技術をFitbitが活かしてくれることに期待しましょう。

もっと読む:
FitbitがPebbleを買収し、Pebbleブランド終了となるかも
Appleのティム・クックCEO、Apple Watch売上げ激減も「好調」と懸念せず

top image: Pebble
source: Fitbit, The Next Web(塚本直樹)