ゲーム・ミュージック風にクリスマス・ソングを演奏

ゲーム・ミュージック風にクリスマス・ソングを演奏 1

っぽさの力。

ビデオゲームBGMあるあるというニッチな共感をついた演奏を以前紹介しましたが、同作者のSethEvermanさんがクリスマス・ソングのゲーム・ミュージック化に挑んだようです。

こちらはLaughing Squidが取りあげたSethEvermanさんによる『video game christmas music』。

左下には原曲の名前が、右下には『ゼルダの伝説』や『スーパーマリオ64』といったアレンジスタイルが表示されています。確かにゼルダアレンジは城のBGMっぽいなと感じましたが、GTAはちょっとストロングスタイル過ぎるかなと。鈴っていうか銃かなと。

しかしこれ、音色に対するイメージを改めて認識できますね。城BGMといえば明るいストリングスだったり、水ステージといえば分散和音なビブラフォンだったり。そういった古今東西ゲームBGMの傾向をアレンジに持ち込むことで、っぽさに因ったアレンジが作れるかもしれない。わりと興味深い考察です。

しかし目力。これは真似できそうにないです。

クリスマスのお供に:
ヘヴィ・クリスマス! メタライズ・ドラムの達人が演奏する『ジングルベル』
聖夜を塗りつぶし、サイレントを蹂躙する、メリー・メタル・クリスマスソング集
クリスマスにビル・ゲイツからプレゼント。ゲイツとの合成集合写真がほしすぎる

image by YouTube
source: YouTube via Laughing Squid

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

    powered by CXENSE