実用性isロマン。弾けて、撃てる、ショットガン・ギター

実用性isロマン。弾けて、撃てる、ショットガン・ギター 1

テレテレテレ〜(ッパァーン!!)。

『ゼルダの伝説』シリーズでシークが使うハープや、『デビルメイクライ3』の電撃ギター「ネヴァン」など、楽器を使ったバトルというのもゲームの世界では珍しくありません。ゲームの、世界では

そのようなロマン楽器を現実に落とし込んだら、このような具合になるみたいです。ギターとショットガンを融合させた「Guitgun」をご覧ください。

この爽快笑顔たるや。

これはBoing Boingが取りあげた、bigdamnbandofficialによる動画。

Big Damn Bandのペイトン牧師が作ったこのGuitgunは、ショットガンとギター両方の機能を有したストロングスタイルな武器楽器。ちゃんとピックアップもついてるのでれっきとしたエレキギターです。ちょっと他の楽器より殺傷力に長けてるだけです。

しかし、ギターを銃化するのではなく銃をギターに寄せるというこのアイディア、いとコペルニクス的発想ではないでしょうか。まさに、俺の歌(弾)を聞けとか、そんな感じで。

もっと読む:
ダイヤルをくるくる。DIYでなつかしの黒電話風モバイルをつくってみた
シンセサイザーを自転車にくっつけたら、それはやはり「シンセバイク」!
カタカタ…組立不要、3Dプリントで生命を吹き込む生物ロボット「Ready to Crawl」

souce: YouTube via Boing Boing

ヤマダユウス型