核兵器を保有している国々では、市民はどれほど核施設と近い場所に住んでいるのか?

核爆弾を保有している国々は、市民がどれほど核施設と近い場所に住んでいるのか?

こんなに多くの兵器が...。

原発から自分の住んでいる場所までの距離、あんまり近くあってほしくないですよね。原子力による放射能に影響されない、安全な地域で暮らしたいものです。

でも実は、核兵器を保有している国々では、多くの大都市近辺核兵器を貯蔵している施設があったりするんですよ。

核兵器を保有する国々では市民がどれほど核兵器の近くで暮らしているのか、YouTubeチャンネルのRealLifeLoreが公開した動画で、詳しく解説しています。

以下は動画の解説を要約したものです。

***

世界には約1万5600の核兵器が存在すると言われています。核兵器を貯蔵する施設で場所の判明しているのは、その全てが赤道より上、すなわち北半球に存在します。そして、その多くはアメリカ、西ヨーロッパ、ロシア、イスラエル、パキスタン、インド、東アジアに集中しています。ある意味では、有事の際に北半球に生活している時点でアウトかもしれません。

アメリカの核兵器

アメリカでは10州に核兵器があります。西海岸側にはシアトルから29kmしか離れていない場所に核兵器を貯蔵する施設がありますし、人口50万人のニューメキシコ州アルバカーキの街の中には「Kirtland Underground Munitions Maintenance and Storage Complex(カートランド地下弾薬管理貯蔵複合施設)」という施設があります。

Kirtland Underground Munitions Maintenance and Storage Complex

このアルバカーキの施設は、世界で一番多くの核兵器を貯蔵しています。また最大で3,000個貯蔵することができ、これは世界の核兵器の19%に及びます。でもここに貯蔵されている核兵器の多くは解体待ちの核兵器。解体の際には、隣のテキサス州アマリロの施設まで40番州間高速道路を通って移動されます。その間で交通事故が起きたらと考えるとゾッとしますね。

アメリカの各州のサイロ

また、大統領権限で発射できるアメリカの核ミサイルサイロ(発射用の貯蔵施設)は何百もあり、モンタナ州、ノースダコタ州、ワイオミング州、ネブラスカ州、コロラド州にまたがり存在します。コロラド州のものは大都市デンバーからたったの124kmしか離れていません。それ以外の州に貯蔵されている核兵器は、ミズーリ州カンザスシティから88kmの場所、フロリダ州ジャクソンビルから51kmの場所にもあります。

しかし、アメリカが保有している核兵器には、他国に貯蔵されているものもあります。それらの貯蔵施設は、以下の場所に位置しています。

オランダ:ロッテルダム市内(!)
イタリア:ベニスから69km、ミランから84km
ドイツ:ケルンから84km
ベルギー:ブリュッセルから85km
トルコ:アダナ県内

その他の国々の核兵器

ヨーロッパでも同じように、都市部の近くに核兵器を貯蔵している地域があります。イギリスはグラスゴーから43kmロンドンから68km、フランスはマルセイユから42kmの位置に核兵器を貯蔵しているとみられています。

また中東では、イスラエルが首都エルサレム近辺に核兵器を貯蔵しているとみられています。

ロシアの核の貯蔵場所

世界一の核兵器保有国、ロシアも忘れてはいけません。ロシアは7,300個の核兵器を保有していますが、どこにあるのかは機密となっています。さまざまな情報をもとにした推測では、モスクワ、サンクトペテルブルク、ウラジオストク、サラトフなどの都市近辺とみられています。このうちのサラトフは人口84.8万人の都市で、ミサイル師団、爆撃機基地、核貯蔵施設が存在し、世界の核兵器の6%に当たる計1,000の核弾頭があるとされています。

アジアでは、パキスタンインド、そして中国北朝鮮が核兵器を保有しています。北朝鮮はすでに5度の核実験を行っており、現在15~22の核兵器を保有しているとみられています。北朝鮮内のどこにそれらがあるのかは不明ですが、韓国の首都ソウルは北朝鮮との国境から56kmしか離れていないところにあり、ソウルからそう遠くないところにあるのでは、とされています。

行方のわからない核兵器も

そしてなによりも恐ろしいのは、行方知らずになった核兵器。アメリカは11個の核兵器を(主に核兵器を搭載した航空機が海に沈んだりして)なくしており、その中には琉球諸島近くに沈んだものや、地中海で2つの核爆弾を積んだ爆撃機が嵐に遭い、爆弾ごと行方がわからなくなったものも。

ノースカロライナ州にも航空機が墜落しています。このケースでは、2つの水素爆弾が落ちてしまっており、もし爆発していたらと考えると背筋が凍っちゃいますね。落ちた爆弾はどちらも幸いにも爆発はしなかったものの、片方は木に引っかかり、もう片方は地表にめがけ落下、地下50mに埋まっちゃいました。埋まった爆弾は未だに発見されておらず、米政府は墜落現場周辺地域は掘削禁止にされているんだとか。

ジョージア州では核爆弾が海岸からたったの0.8kmのところに落下。人口14万人の都市サバンナから19kmしか離れていない場所ですが、この爆弾も見つからず…。また、遠く離れたグリーンランドにも4つの水素爆弾を積んだ飛行機が落ちており、そのうち3つは見つかったものの、1つは氷の中に埋まってしまい行方不明。

ロシアはロシアで、40個の核爆弾の行方がわからなくなっているとのこと。アメリカの失ったものを合わせれば世界で51個の核爆弾が行方知らずなわけです。

***

核兵器貯蔵施設で事故が起きることだってありえるわけですし、こんなにたくさんの大都市近辺に核兵器があるというのは恐ろしい話です。そしてなによりも行方知れずになった核兵器、悪用されようとしている可能性もありますし、間違って何かの拍子に爆発しちゃうことだってあるかもしれません。もしそうなったら、だれもその気はなかったのに第三次世界大戦が勃発したりもしちゃうかも。今のうちに裏庭に核シェルターでも建てちゃおうかしらん。

もっと読む:
勘違いによって核戦争が起きていたかもしれない
氷が溶けて…冷戦時代の秘密の核実験場が姿を現わす
火星のテラフォーミングに核爆発は(そんなに)必要ないかも

source: YouTube

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文
(abcxyz)