科学よ、今こそ美味たらん! 魔法よりも美味しい冷凍みかんの解凍方法は?

科学よ、今こそ美味たらん! 魔法よりも美味しい冷凍みかんの解凍方法は? 1

今週も、キュアップ・ラパパ!

アニメ『魔法つかいプリキュア!』においての知恵の果実、アンブロシアといえば、そう。冷凍みかんですね。第2話の初登場以降、さまざまな場面でみらいたちに笑顔をもたらす、特別な食べ物として描かれています。

この冷凍みかんは「氷の火山に住むアイスドラゴンのため息で凍らせる」という、極めて特殊な加工によって作られているのが特徴。現実の冷凍みかんとは違い、氷の中にみかんが入っているという、もはや冷凍というより凍結な状態です。そして魔法で解凍することで、とても美味しく味わえる、と。

では、ナシマホウ界産の冷凍みかんは魔法界産みかんに劣る……? 否、断じて否ッ!

あちらの世界に魔法があるのなら、こちらの世界には科学があります。科学を使って、もっと美味しい冷凍みかんの解凍方法を探ってみようじゃありませんか。

1. 自然解凍

前提として、普段の生活の中でも可能な解凍方法でなければ魔法界に勝ったとはいえません。火炎放射を使うとか加速させた粒子をぶつけるとか、そういうのはたとえ美味しくなったとしてもアウトです。本当は科学的冷凍方法としてフリーズドライ処理を施したかったところですが、あまり現実的ではないので。

科学よ、今こそ美味たらん! 魔法よりも美味しい冷凍みかんの解凍方法は? 2

ひとまずはプレーンな味を知るために、自然解凍を試みます。熱移動を助けるためにアルミホイルを敷きましたが、なくても大丈夫そうです。最近はヒートシンクをぶっ挿すのがナウいとかどうとか。

科学よ、今こそ美味たらん! 魔法よりも美味しい冷凍みかんの解凍方法は? 3

室温28度くらいで4分程度放置すれば良い感じになるそうですが、今は冬至を越したばかりの12月。室温約15度で20分程度放置してようやく剥けるくらい、やわらかくなりました。それでは、一口。

モニュ……モニュ……

うん、冷たい。中はシャリっと冷えていて、ちゃんと冷凍みかんしています。この味をスタンダードとして検証を続けていきましょう。

2. ドライヤー

まほプリの劇中では杖を使って魔法を使います。では、我々ナシマホウ界の世界にとっての杖とは一体なんなのか。

科学よ、今こそ美味たらん! 魔法よりも美味しい冷凍みかんの解凍方法は? 4

キュアップ・ラパパ、温風よ、出なさい~

そう、科学的熱波生成装置、ドライヤーです。これで冷凍みかんを暖めていこうと思います。ドライヤー=杖としてとらえれば、魔法による解凍と極めて類似した図になるため、なんらかの呪術的作用が起きても不思議ではありません。

科学よ、今こそ美味たらん! 魔法よりも美味しい冷凍みかんの解凍方法は? 5

暖め始めて30秒ほどで、すぐに表面がやわらかくなってきました。さすが科学、これは期待できる!

と思っていたら中はまだまだ冷え固まったまま。さらに暖めること3分、ようやく剥けるくらいにやわらかくなりました。それでは、一口。

シャリッ……モニュ、モニュ……

冷たい、冷たすぎる。というか固い。どうやらドライヤーは表面温度を急速に上げることはできても、中まで熱を伝えるには至らなかったようです。まさかリコちゃんのドジっ子要素まで再現できるとは。ドライヤー、おそるべし。

3.湯煎

インターネットという科学が生んだ知識の集積体に尋ねてみたところ、湯煎するというのも良い方法らしいです。ならば!

科学よ、今こそ美味たらん! 魔法よりも美味しい冷凍みかんの解凍方法は? 6

キュアップ・ラパパ、お湯よ、沸きなさい~

とはいえ、お湯を沸かすというのは魔法界でも可能ですし、この方法はナシマホウ界特有のモノとはいえません。しかし、しかしですよ。冷凍みかん知識ゼロの僕がこの方法を探り当てることができたのは科学のおかげ。だとすれば、これは科学的アプローチといえなくもないのでわ!

科学よ、今こそ美味たらん! 魔法よりも美味しい冷凍みかんの解凍方法は? 7

方法は簡単。沸騰させたお湯に冷凍庫から取りだした冷凍みかんを3分ほど入れるだけ。複数のみかんを入れてもOKのようです。

科学よ、今こそ美味たらん! 魔法よりも美味しい冷凍みかんの解凍方法は? 8

湯上がりリコみかん。表面は触っても熱くなく、やや冷えという感じでした。では、一口。

ショリッ、ショリ……モニュ……モニュ……

これは…うまし! 皮も剥きやすく、剥いたときに白い筋も一緒に取れるので、結果的に食感も良くなります。どことなく甘味も増した気がしますね。さすがインターネット先生。

4.電子レンジ

最後は電子レンジ。これぞ、高度に発達した科学は魔法と区別がつかないを地でゆく装置でしょう。画的には一番面白くなかったので写真はありませんが、食レポだけ。モニュ

600Wで40秒ほど加熱してみましたが、剥きやすいところと剥きにくいところがありました。また、果肉の方もシャリっとしているものもあれば、ほぼ全解凍寄りのものもあり、かなりバラつきがあった印象。おそらくですが、水分子を多く含む果肉が重点的に熱せられた一方、水分の薄い皮部分は解凍が甘くなったんじゃないでしょうか?

まとめ

まとめると、おすすめは湯煎です。お湯を沸かして待つという穏やかな時間も含めて冷凍みかんタイムととらえれば、ワビサビもあって良いかなと。一番ダメだったのはドライヤー。知ってた。

果たして、これらの解凍方法が魔法より優れているのかどうか。それは、魔法界産の冷凍みかんを食べて初めて明らかになるのであった……!

source: 魔法つかいプリキュア!
参考:Togetterまとめ, Google

ヤマダユウス型