一寸先は崖。高さ200mのダムの上で自転車をこぐスリリングすぎる挑戦

一寸先は崖。ダムのほそーい手すりで自転車を転がす動画

高い。細い。風強い...。

こちらはオーストリアにあるKoelnbreinsperreというダム。地上から約200m地点にあるダムの頂上で、わざわざ自転車を転がすのは、Fabio Wibmerさん。まずは、彼が公開したそのサイクリングの様子をご覧ください。

動画の冒頭、Wibmerさんが漕ぐ自転車はダムの底のほうへ。どこに向かってるの!?と自転車が乗り上げたのは、なんと手すりの上。200mの高さで、さらにタイヤの幅ほどしかないほそーい手すりで自転車を転がすなんて、よっぽどのスリル好きなのでしょう。

それでも「ふぅーっ」と、高ぶる気持ちを落ち着かせるかのように、何度も呼吸を整える様子からは真剣さが伝わってきます。道のりは直線とはいえ、スイスイ走るわけにはいきません。少しでもバランスを崩せばその先はなのですから。

BGMは、そよ風どころではなさそうな、やや強い風が吹く音。そして「シャーシャー」と慎重に自転車を漕ぐ音も聞こえてきます。観てるだけでもハラハラする映像だけれど「視聴者側も息するのを忘れないでね」と、米Gizmodo記者より。

もっと読む:
終始かっこいい。メキシコの街をマウンテンバイクで駆け巡る映像
スコットランドの田舎町 x マウンテンバイクスーパートリック!
花畑の中を華麗に舞うBMXライダー。巧みなトリックと映像がなんとも不思議な気分にさせる

image by YouTube
source: source: Fabio Wibmer - YouTube

Casey Chan - Gizmodo SPLOID [原文
(Rina Fukazu)