MacBook Proのディスプレイ表示不具合、最新のmacOS ベータ版で解決するかも?

  • カテゴリー:
  • News

MacBook Proのディスプレイ表示不具合、最新のmacOS ベータ版で解決するかも?

はやく安心したいものです。

新型ピッカピカのMacBook Proの一部で報告されていた、画面表示がおかしくなる不具合。不具合は外部GPUの搭載ありなしにかかわらず発生し、一部のユーザーを悩ませています。しかしMacRumorsによると、Apple(アップル)のサポートから「最新のmacOS 10.12.2ベータ版によって不具合が改善されたと思うよ」とのメッセージが届いたというのです。

ソフトウェアチーフエンジニアのCraig Federighi氏から送られたとされるメールでは、同氏は「12月5日(月曜日)に配信された5番目のmacOS 10.12.2ベータ版にて、不具合は解消されたはずだ」と語っています。

ただ、このメールが本当にアップルから送信されたものなのかについて、MacRumorsは「未確証」だとしています。また、5番目のmacOS 10.12.2ベータ版をインストールしたユーザーからは、下動画のように「不具合が直っていない」との報告も。うーん、一体どうなっているんだ…。

現在macOS 10.12.2ベータ版は6番目がリリースされており、正式版の配布も近いものと思われます。ディスプレイ表示周りの不具合は使い勝手に重大な影響をあたえるので、ぜひ正式版のリリースまでに問題が解決してほしいものです。

もっと読む:
あれ? 新MacBook Proのディスプレイ表示に異常報告
Touch Bar最良の使い道? アプリランチャー/スイッチャーが登場

source: MacRumors
(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE