今日で終わり! 世界最小クラスのハイレゾ対応ポータブルアンプ「SPECTRA」のプロジェクトがゴール目前!

20161216_spectra1_R_R.JPG

先日、オーディオ専門店の方にも熱く語っていただいた、ハイレゾ(32bit/384kHz)対応、さらには世界最小クラスのポータブルDACアンプSPECTRA

メディアジーン運営のクラウドファンディング「machi-ya」で支援者を募集していましたが、それも今日で最終日に。執筆時現在、目標の金額に対して300%を達成し、支援者は240人超えとオーディオ探究者の皆様から熱い注目を浴びています。

今日で終わり! 世界最小クラスのハイレゾ対応ポータブルアンプ「SPECTRA」のプロジェクトがゴール目前! 1

最大の特徴は、ポータブルの名に恥じないコンパクトさ。本体は重さ17g、長さは95mm、直径11.2mmで、ちょっとしいたボールペンのようなサイズ感です。動力源は接続先のPCやスマートフォンなので、ポータブルアンプにありがちな乾電池の寿命を気にする必要がないのもポイントです。

もちろん、世界最小クラスだからといって中身に妥協はなし。中には世界中の高級オーディオ製品でも採用されている、ESS Technology社の最新世代DAC&アンプチップ「SABRE9018Q2C」を搭載しているので、高レベルのダイナミックレンジと超低歪みを実現しているようです。

今日で終わり! 世界最小クラスのハイレゾ対応ポータブルアンプ「SPECTRA」のプロジェクトがゴール目前! 2

本プロジェクトは12月19日午前0時まで。タイプはMicroUSB/USBの2種類で、カラーはBlackとSilverの2色です。日本先行ローンチ記念の限定カラーのRoseGoldがありましたが、SOLD OUTとなっています。

source: machi-ya

(ロバーツ町田)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE