プランクトンしか食べないことで知られるマンタ、実は魚も食べてる?

プランクトンしか食べないことで知られるマンタ、実は魚も食べてる?

マンタのイメージ崩壊!

大きな口を開けて優雅に泳ぐマンタ。マンタは海面近くに浮かぶプランクトンのみを食べる海の生物として知られています…が、しかし! Royal Society Open Scienceによると、マンタは海の深いところで魚を食べていることがわかりました。

最大体長7メートル、体重1,350キロまで成長する巨大なマンタの食については謎が多く、海洋生物学者たちも判明できないまま。マンタは絶滅危惧種な上、熱帯地域に広く分散して生息しているため、標本を取るのがとても難しいのです。

「これまでのマンタに対する知識は、マンタのたくさん集まる場所で、海面にいるプランクトンを摂取している様子だけに基づいたものでした」と話すのはクィーンズランド大学の生物学者でこの研究の共同著者Katherine Burgessさん。マンタはジンベイザメやヒゲクジラのように、水中のプランクトンを口にあるフィルターで濾しとることができます。

プランクトンしか食べないことで知られるマンタ、実は魚も食べてる? 1

マンタの食事についてさらに研究するため、Burgessさんのチームはエクアドルのプラタ島の海にあるマンタの集まるエリアへ出向きました。マンタは保護種なので、もちろん標本として捕獲して胃の中を調べるということはできません。なので「人はその人の食べたものでできている」という理論に基づいて、研究をすることにしたそうです。

「マンタの食事は生化学検査で調査しました。筋生検といって、泳いでいる生物から少量のサンプルを採取して、どんなものを食べているのかを調べるのです」とBurgessさんは説明しています。

この結果、マンタの食事の平均27%はプランクトン、73%は中深海水層(200〜1,000メートル)に住む魚など、ということがわかりました。海面にいるプランクトンのみを食べる優しいイメージだったマンタですが、魚もガッツリ食べてました。しかも深海1キロまで潜って食べていたとは驚きです。これからは深海で実際に食べている様子をキャッチする研究が必要となります。

こうしてマンタが深海で魚を食べているということは、深海のみで餌を食べている他の生物の食事が脅かされていることになります。地上の動物にはいろんなことが起こっていますが、調べるのが簡単ではないだけで、海の中も同じようにたくさんのことが起こっているんですね。

生物の生態で意外な判明:
フグはフグの仲間から毒をチャージしている
CO2排出量は増加してるのに、CO2濃度増加率は落ち着いてきた...パワーアップした光合成でがんばる植物たち

Source: Royal Society Open Science

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(岩田リョウコ)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE