スタントマンが体を使って2分半で振り返る、映画のスタントの進化と変遷

スタントマンが体を使って2分半で振り返る、映画のスタントの進化と変遷 1

真似しちゃダメよ。

巨大ルームランナーの上で、スタントマンが有名映画のスタントの変化と変遷を体現する、シンプルだけど「ほぉ〜」となる映像をtastefully offensiveが紹介しています。

思わず体を動かしたくなるかもしれませんが、普通の人がやったら大怪我不可避なので、そういう意味では閲覧注意ですよ。

これはTastefully Offensiveが取りあげた、All 4による『The Evolution of Stunts with Damien Walters』。

イギリスの体操選手兼スタントマンのドミエン・ウォルターズさんがトラッドミルの上で飛んだり跳ねたり。この動画はイギリスのテレビ局Channel 4とHondaがプロデュースしたもので、冒頭にしっかりと「真似しないでね!」というメッセージが登場しています。

最初の方は単に走ったりするだけですが、徐々に複雑になり、最後は激しく火だるま! しかも火に包まれたままスタントをこなし、倒れたところでやっと消化作業! こういうのはVFXで後付けかと思っていたので驚きました。防火服とはいえ顔は熱かっただろうに、プロ根性ですね。

もっと読む:
トム・クルーズの軌跡。アイドルから一流のアクションスターへ
アクロバットに磨きをかけろ! パルクールの練習ができるジム
全身に火をつけてギネス記録を3種類破ったスタントマンの勇姿

image by YouTube
source: tastefully offensive, YouTube

中川真知子