113番元素の名称は「ニホニウム」に正式決定!

113番元素の名称は「ニホニウム」に正式決定!

ついに正式決定しました!

理化学研究所の森田グループが命名権を取得していた113番元素の名称が「ニホニウム(nihonium、記号Nh)」に正式決定しました。

2003年から始まった新元素合成への挑戦。初めて合成に成功したのは2004年7月のことでした。続けて2005年4月、2012年8月にも合成に成功。そして2015年12月31日ついに、113番元素の発見が国際純正・応用化学連合(IUPAC)によって認められました。命名権を取得したグループは今年の3月、今回正式決定されたニホニウムという名称を提案していました

以下、森田グループディレクターである森田浩介さん(九州大学大学院理学研究院教授)のコメントです(理化学研究所より)。

我々の提案した元素名「nihonium」、元素記号「Nh」が認められ、正式決定したことを大変うれしく思っております。日本発、アジア初の元素名が人類の知的財産として将来にわたり継承される周期表の一席を占めることになりました。研究グループの代表として大変光栄に思います。

基礎科学には、発見当時は思いもつかないようなものが、のちに多大な恩恵を人類にもたらした例が数多くありますが、日々の生活や産業に即時に直接的な恩恵を与えることは稀です。このような長期的で地道な基礎科学研究を支援してくださった国民の皆様、そして研究所と関係府省の皆様に改めて感謝いたします。ありがとうございます。

さらに、名称決定に合わせて東京大学本郷キャンパスにて記念講演会「祝ニホニウム発見」が12月5日(月)に開催。時間は16:00〜18:00で、YouTubeでもライブ配信されるそうです。

これから日本発、アジア初の元素名が周期表に加わるんですね。周期表のニホニウムの位置はちょうど赤い四角で囲った部分。

113番元素の名称は「ニホニウム」に正式決定! 1

古い周期表をトイレに張っている人は上から修正しておきましょう!

関連記事:
GIFでみるだけにしたい化学反応6つ
ノーベル化学賞は「世界最小のマシン」を開発した科学者3人へ

image by concept w / Shutterstock
source: 理化学研究所
参考: 東京大学, YouTube

(kazoomii)