これからが本番? 任天堂、年2〜3本のスマホゲームをリリースするそうな

これからが本番? 任天堂、年2〜3本のスマホゲームをリリースするそうな 1

ゼルダなのか、ヨッシーなのか?

つい先日配信が開始された『スーパーマリオ ラン』。私もちょこちょこ紫コインを集めています。そんな中、京都新聞が行なった任天堂の君島達己社長へのインタビューでは、任天堂が「2017年度以降も年2〜3本のスマホゲームを配信する」方針であることが報じられているんです。

任天堂のスマホ向けゲームといえば、Nianticと共同開発した『ポケモンGO』があります。こちらは世界中で大ブームを起こし、つい先日にはApple Watchへの対応も果たしました。やはり任天堂の屋台骨を支えるピカチュウは、世界的にも大好評だったようです。またコミュニケーションゲーム『Miitomo』もリリースされています。

しかしそれだけに終わらない、怒涛のコンテンツを備えているのが任天堂の強み。ゼルダやワリオ、ヨッシー、ドンキーコング、マリオカートなどのスポーツ系、あと最近はスプラトゥーンなんてヒットもありました。

さらに同社は『ファイアーエムブレム』と『どうぶつの森』を2017年3月までにリリースすると告知しています。それにマリオやポケモンの新作タイトルだって、作ろうと思えばまだまだイケるはず…。このコンテンツの層の厚さこそが、任天堂の強みですよね。

『スーパーマリオ ラン』では課金方法などで若干の戸惑いが見られた任天堂ですが、今後のリリースタイトルではその点についても改善が行われるはず。「スマートフォンでたくさんの任天堂のゲームが遊びたい」という長年の夢が、ようやく叶おうとしています。

top image by Barone Firenze / Shutterstock.com
source: 京都新聞, Twitter

(塚本直樹)