映画『猿の惑星』最新作予告編。猿vs人類の全面戦争がはじまる!

映画『猿の惑星』最新作予告編。猿vs人類の全面戦争がはじまる! 1

戦いはすでに始まってしまった。

キレたサディストを演じたらピカイチのウッディ・ハレルソンが悪役に抜擢され、かなりダークな展開が予想される新『猿の惑星』シリーズの最新作『War for the Planet of the Apes』(原題)の予告編が公開されました。

これは、「すまない、戦争はすでに始まってしまった」と怒りを抑えつつ語る口調が印象的だったバイラル映像に続いて20th Century Foxが公開したもの。

私がこの戦いを始めたのではない。平和を提案し、慈悲も見せた。だが、お前らはここにきて私たちを滅ぼそうとしているーー」とアンディ・サーキス演じるシーザー。

その言葉に対し、ウッディ・ハレルソン演じる本作の悪役が「人類の全ての歴史がこの瞬間を導いたのだ。皮肉なことに人類はお前らを生み、それ以来自然は私たちを罰しつづけた。これは最後の抵抗となる。負ければ、猿の惑星となるだろうーー」と、人類と猿の全面戦争が始まることを示唆しています。

生き残りをかけた本気の殺し合い。恐ろしいほどダークな作品になること間違いありません。

前作『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のマット・リーヴス監督が再びメガホンを握る映画『War for the Planet of the Apes』は2017年7月14日に米国で公開予定。

もっと読む:
本物のHAL 9000が! ピーター・ジャクソン監督の隠れ家を訪問
エイリアンやグラボイズを演じたクリーチャー・パフォーマー
リメイク映画とオリジナルを並べて比べてみたよ

(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation

source: YouTube
James Whitbrook - Gizmodo io9[原文
中川真知子