経済効果20億、宮城県のポケモンGO支援は大成功だぜ!

  • カテゴリー:
  • News

経済効果20億、宮城県のポケモンGO支援は大成功だぜ! 1

好き!楽しい!のパワーを感じます。

河北新報によりますと、宮城県はポケモンGOとコラボして石巻市で開催した11月12日のポケストップ追加イベント、そして11月11日〜21日の岩手県、宮城県、福島県の沿岸部でのラプラス出現率向上イベントなどで約20億円の県内経済効果があったようです。

【もっと読む】東北へいこう。ラプラスが迎えてくれる

石巻市のイベントでは約1万人が来場、ラプラスフィーバーのときには約10万人が石巻市を訪問。県外からの宿泊客は約3万人で、飲食代や交通費、宿泊料などの直接効果は約12億4800万円

…凄まじい経済効果ですね。

宮城県はポケモンGO関連事業費として3000万円の一般会計補正予算を計上しており、Nianticへイベントの開催やレアポケモンの出現のためのシステム改修費の申し出、並び愛好者へのPR活動費、ポケストップの場所を示した被災地の周遊マップの製作などを計画しています。

ある意味ゲーム史上最大級のリアル課金。今回のイベントなどはその全てが関係しているわけではないかもしれませんが、それでも非常に高い費用対効果を生み出したといえるでしょう。

なお、これとはまた別に東日本大震災や熊本地震で被災した岩手、宮城、福島、熊本などでもポケモンGOを活用した観光集客に乗り出すことも発表していますよ。こちらもどんなイベントが行なわれるのか楽しみですね。そして、被災地がかつて以上に賑わうといいですね

こうしてゲームの世界が現実の世界とリンクして、人を動かし、出会いを産み、たくさんの美味しい、楽しい、美しいを生み出し、両方の世界を賑わせていく。

すごい時代になりました。改めてゲームの持つ可能性、力強さを感じます

もっと読む:
ポケモンGOがもうすぐApple Watchにやってくる!
好調に見える『スーパーマリオ ラン』。でも実際は…?

image by Twitter
source: 河北新報

(小暮ひさのり)