オバマ大統領、ロシアの選挙操作を認めるも再選挙は宣言せず「反省するべきはメディア」

  • カテゴリー:
  • News

オバマ大統領、ロシアの選挙操作を認めるも再選挙は宣言せず

反省スべきはメディア、と。

米国のバラク・オバマ大統領が記者会見(下のホワイトハウスによる動画)で、ロシアが米国大統領選挙を操作していたという情報について見解を明かしました。でもその内容は、プーチンやっつけるぜ! 選挙やりなおすぜ!みたいなことじゃなく、彼が批判したのはゴシッピーなセンセーショナリズムに染まったメディアでした。

オバマ大統領は、ロシアが民主党全国委員会をハックしたという情報を信じていると明言しました。また彼は「外国政府が発信する虚偽ニュース」の役割に言及し、それが政治のプロセスに悪影響を持つことを認めました。彼はまた、現政権がこうしたサイバー攻撃の再発を防ぐべく努力しているとも言いましたが、報復については、平たく言えば「報告書を書いてます」というだけのことでした…。

でもまあ、そんなものなんでしょうね…。今回の大統領選挙の結果に衝撃を受けている人の中には、オバマ氏がこの事態をなんとかひっくり返してくれるんじゃないかと期待する人も多いんですが、何事も穏健なオバマ氏は見事に肩透かしを食らわせてくれました。

たしかに、諜報機関が集めたあらゆる証拠は、民主党全国委員会のメールを盗んだのはロシア政府の息のかかったハッカーたちであることを示してはいます。オバマ氏いわく9月の時点で、プーチン氏に対し「もうハッキングしないでよ」と言ったそうで、その後ハッキングは止まったんだとか。このメール流出が選挙結果に少なからず影響を与えたのは明らかですが、オバマ氏としては「だからこの選挙はロシアのせいです、もう1回やり直しましょう」とは言えないんです。

この会見でオバマ氏がダメ出ししたのは、メディアに対してでした。彼に言わせれば、流出したヒラリー・クリントン氏のメールは、ジャーナリストたちが大騒ぎしなければ、ただのつまらないプライベートな情報のかたまりに過ぎなかったんです。

【もっと読む】 炎上した、ヒラリー・クリントン氏個人メール問題まとめ

「誰もが突然、この件がヒラリー・クリントンに不利に働いたといって驚いたふりをし始めています。私はそれを興味深いと思っています」。オバマ氏は厳しい表情で言います。「なぜならあなたたちが毎日毎日、この件について書いていたからです。あらゆる漏洩情報を、あらゆるジューシーな政治的ゴシップの端切れにいたるまで、ジョン・ポデスタ(訳注:ヒラリー陣営の選対委員長)のリゾットのレシピにいたるまで」。皮肉まじりでちょっとわかりにくいんですけど、言い換えると「メール流出がヒラリーに不利だったとか騒いでるお前ら! 不利にしたのはお前らだろ!」ってことです。

そう、流出したメールの中には本当にくだらないものがたくさんありました。ただし民主党全国委員会内部で、バーニー・サンダースよりもヒラリーを代表に推そうとする偏った動きがあったのが発覚したのもこのメールからだった、ってことは申し添えておきます。

会見の中でオバマ氏は、虚偽ニュースが選挙において果たした役割についても触れました。そしてそこにもロシアがからんでいることを暗に認めています。

「外国政府によって発信された虚偽ニュースが、政治的に偏ったニュースメディアから発信される報道とほとんど同じだとすれば、その政府のプロパガンダがより大きな影響力を持つことは驚きではありません」とオバマ氏は言っています。「それは、米国内のプロパガンダメディアが発する情報と比べれば、そんなにこじつけとも思えません」

「米国内のプロパガンダメディア」とは、BreitbartやInfowarsやThe Blazeといった「オルタナ右翼」系メディアのことを指しているものと思われます。彼はつまり、事実と虚構を分別できないメディアや、事実より虚構を喜々として受け入れてしまう大衆こそ問題だと言っているんです。

【もっと読む】 米大統領選挙中、Facebookでのデマは大手メディア以上に拡散してた

オバマ氏が、ロシアのおかげでドナルド・トランプが当選したと認めることはないでしょう。ハッカーが選挙プロセスそのものに介入したという情報はなく、プーチン氏とその手下が選挙結果を改ざんしたという話もありません。もしそういうことがあれば、もしかしたら選挙のやり直しもありえたかもしれません。

でも、いかに一方の候補に不利な情報ばかりが偏って流されていたとしても、結局ドナルド・トランプが勝ったのは、しかるべき州で十分な数の人がヒラリー・クリントンに投票しなかったから、なんです。

image: Joseph Sohm / Shutterstock.com
source: The White House

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文
(福田ミホ)