アポロ17号が月に残した探査車を探しにいくぞ!

アポロ17号が月に残した探査車を探しにいくぞ!

はたして、見つかるんでしょうか…?

Googleがスポンサーとなり開催中の月面無人探査レース「Lunar X-Prize」に参戦しているドイツチームが、なかなか面白いチームミッションを発表しました。New Scientistによると、アポロ17号によって月に置き去りにされたと言われる月面車を探すため、2台の探査装置を月に送るというのです。

ドイツチーム「PT Scientists」は、X-Prizeに現在参加している16チームの1つ。Audiと連携して月面車の開発を行なっており、民間宇宙事業を行なうSpaceflght Industriesとも民間宇宙船打ち上げについて契約をしています。

アポロ17号が月に残した探査車を探しにいくぞ! 1

PT Scientistsの計画は、1972年12月11日から14日の間にアポロ17号の宇宙飛行士が月面探査をしたエリアに探査装置を送るもの。船外活動が行なわれたタウルス・リットロウ渓谷より3キロから5キロの地点に探査装置を着陸したい考え。そこから、探査機はアポロ月面車から200メートルの距離まで近づき、遠隔探査を行なう計画です。なぜ遠隔探査なのかというと、NASAがアポロの着陸跡は、宇宙探査遺産として保護したい考えだから。ゆえに、PT Scientitsの探査機は、アポロ着陸跡から2キロ内の着陸はダメ200メートル内に近寄るのはダメ。ただ、遠隔探査でも、月面車のコンディションはスキャンで確認できるだろうということ。

アポロ17号は、アポロ計画最後の飛行ミッションであり、現在のところ最後の有人月面着陸を行なった、月面探査において大きな1ページ。ですが、アポロ計画には陰謀論があります。月に行ったなんて全部ウソじゃなかろうかってね。PT Scientistsの計画が成功すれば、アポロ17号が月に行ったという証拠にもなりますね。

アポロ17号が月に残した探査車を探しにいくぞ! 2

月面探査の関連記事:
月面は想像以上に危険! 予想外に降り注ぐ隕石のインパクトを検証
月面着陸を捏造しようとするチームを描いた映画「オペレーション・アヴァランチ」予告編

image: NASA/JPL, PT Scientists
source: New Scientist
参考: Spaceflght Industries

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(そうこ)