現実に生息しているかのように描かれた『ポケモン』アート

現実に生息しているかのように描かれた『ポケモン』アート 1

野生のポケモンみーつけた!

イギリスのアーティスト、Joshua Dunlopによる『Pokémon Zoology(ポケモン動物学)』シリーズでは、まるで現実世界に生きているかのようなリアルなポケモンたちが描かれています。ネタ元のGeekTyrantではどんなソフトを使ってどういう工程で描いているのかも説明されていますよ。

【もっと読む】たまったモンじゃない、「ポケモンGO」がリアルになりすぎた結果

現実に生息しているかのように描かれた『ポケモン』アート 2

最初に現実の動物を参考にして、フォトショップで大まかなアイデアをスケッチ。それに満足したら「3D-Coat」という3Dプログラムを使ってモデルとテクスチャをつくる。それから「KeyShot」というレンダリングプログラムにモデルを入れて、リアルなライティングやエフェクトを掛けるんだ。…中略…最終的にすべてをフォトショップに入れて、フォトマニピュレーションとデジタルペインティングの組み合わせで仕上げた。時間はかかるけど、完成作品を見ると楽しいんだ。

現実に生息しているかのように描かれた『ポケモン』アート 3

ArtStationの彼のページでは、それぞれの作品をクリックすると製作に使用されたソフトがわかるほか、リアルに描かれたピジョットや、某カードキャプターの洋物アニメ版風な設定画像なども見ることができます。

現実に生息しているかのように描かれた『ポケモン』アート 4

フシギダネの鱗に覆われた皮膚の感じ、暗い中で尻尾の炎だけが燃えるヒトカゲ、パット見普通にウミガメなゼニガメ、どれもリアルですね。「リアルでコワイ、もっと可愛いのがいい」という方はキュートな擬人化ポケモンをどうぞ。

もっと読む:
メタルでアーマーな進化系! ロボットアニメ風に描かれたポケモンのアート集
ポケモンのゲームでは描かれない進化過程のアート
実在する! 「ポケモン」のモデルになった生物14選

image by Artstation via GeekTyrant
source: GeekTyrant, Artstation

abcxyz