Snapchat用サングラス「Spectacles」でまさかの外科手術ストリーミング放送

Snapchat用サングラス「Spectacles」でまさかの外科手術ストリーミング放送 1

これがあれば誰でも手術ができる...!

Snap(旧Snapchat)によるビデオカメラ付きサングラス「Spectacles」。いよいよ販売が開始され、Spectaclesによって録画されたコンテンツがウェブの世界に飛び出してきています。

同社のエヴァン・シュピーゲルCEOも「本当にただのオモチャだから」と控えめに発表していたわけですが、ここにきて早くもオモチャのレベルを越えた可能性を見せているようですよ。

Snapchat用サングラス「Spectacles」でまさかの外科手術ストリーミング放送 2

それを見せてくれたのはロンドンの外科医であるShafi Ahmed医師。The Next Webによると、彼はなんとヘルニアの手術をSpectaclesを使ってストリーミング放送しちゃったんです。手術の様子はYouTubeにもアップロードされており、見ることができます。当然かなり生々しい映像なので閲覧注意!ですが、勉強熱心な医学生の方には一見の価値があるかもしません。

Timeのインタビューによると、Ahmed氏のSnapchat放送は約150〜200人の医学生によって視聴されたそうです。生徒たちからの反応は非常に良かったとのこと。Ahmed先生はガンの摘出手術を360度撮影してVR生放送したこともある、テクノロジーを使った医療教育で注目を浴びている人物。

私の場合は外科医としてですが、私たち個人個人がなるべく多くの人と共有したいと思っている知識があるものです。

語っています。そう考えるとSpectaclesを色んな教育現場で使えるかも...と想像がふくらみますね。

もっと読む:
脱スマホ。Snapchatが10秒撮影できる廉価サングラス「Spectacles」を秋に発売
自動販売機で買う! Snapchat用サングラス「Spectacles」は売り方もユニーク

image by YouTube
source: YouTube, TheNextWeb, TIME, Wired

(塚本 紺)