リアル・ポケストップだぜ。LAの地下鉄工事現場でマストドンの化石発見か

リアル・ポケストップだぜ。LAの地下鉄工事現場でマストドンの化石発見か

レア度はちょっと低いみたい。

LATimesによれば、先日ロサンゼルス地下鉄の工事現場で、大型哺乳類の頭蓋骨、歯、牙の化石が発見されたそうです。化石はおそらく、マストドンと呼ばれる1万年前に絶滅したゾウやマンモスに似たこの古代生物のものと推測されています。

いやー、地下鉄や空港などインフラの要所で我々がポケモンをゲットしている一方で、本物の古代生物の化石が見つかっているのがなんだか面白いですね。名前もマストドンとポケモン風な名前で、嬉しくなるではないですか。

ロサンゼルスにはラ・ブレア・タールピットと呼ばれる天然アスファルトの池の集まる地域があり、今回の化石はその付近で発見されたそうです。ロサンゼルス交通局の役員によると、化石は感謝祭の直前に発見され、専門家によるモニタリングが急遽開始されたとのこと。翌週月曜日にはさらに別の化石のまとまりが発見されました。こちらは牙の付いた頭蓋骨の化石となっており、若いマンモスかマストドンだと推測されています。

リアル・ポケストップだぜ。LAの地下鉄工事現場でマストドンの化石発見か 1

image: Metro

ラ・ブレア・タールピットの付近では、こういった発見は珍しくないそうです。タールの池の表面に張られた水を求めて近づいてきた動物たちが溺れてタールに閉じ込められて化石になったとか...いきさつがちょっと怖い童話みたいなのもグッときます。そんなタールピット付近の工事ということで、プロジェクトの開始前から考古学チームを雇って、何か化石を発見した場合は特定して保存するように備えていたようです。

交通局のブログでは今回の発見について次のように書かれています。

牙も頭蓋も両方、石膏の中に入れられています。この石膏は人間が骨折した時に使うギプスと似ている素材です。それによって現場から破損することなく取り出され、研究室でより詳しい分析をすることができます。歯や頭蓋に見られる特徴を分析すれば、この生き物がマンモスかマストドンなのか分かるでしょう。頭蓋は最終的にはロサンゼルス郡自然史博物館に寄贈されることになります。

リアル・ポケストップだぜ。LAの地下鉄工事現場でマストドンの化石発見か 2

image: Metro

ラ・ブレア・タールピット近くでは、2007年にもマンモスのほぼ完璧な化石が駐車場の工事現場で発見されました。この化石は「ゼッド」とニックネームが付けられ、この地域で発見されたマンモスの化石で最も完全な形をしているそうです。

「ゼッドの化石はブルドーザーによって見つけられたんです。ブルドーザーがゼッドの頭蓋骨の上部6インチの部分をえぐり取ってしまったんですが、少なくともそれ以上破損してしまうことはしませんでした。頭の中でも、牙や歯ではなくて均質な構造が続く部分にぶつかったのは良かったです」と2011年にラ・ブレア・タールピット博物館員はBH Courierにて語っています。

幸か不幸か、よく化石が発見される土地で地下鉄の工事が行なわれているわけですね。今後も何か掘り起こされることが期待されます。

top image: Metro
source: LATimes via Metafilter, The Source, BH Courier
参考: Wikipedia

Hudson Hongo - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)