欲しすぎる! 1インチ画面搭載の実働する自作ゲームボーイカラー

欲しすぎる! 1インチ画面搭載の実働する自作ゲームボーイカラー

すげえ、テトリスが動いてる…

小さなガジェットって、なんでこんなに心をひかれるんでしょうね。先月発売されたミニサイズのファミコンも物欲を掻き立てますが、今回の「キーチェーンサイズのゲームボーイカラー」もかなりの破壊力です。

欲しすぎる! 1インチ画面搭載の実働する自作ゲームボーイカラー 1

Slash Gearによれば、Sprite_TMが作成したたぶん世界最小のゲームボーイカラーのクローン。搭載するディスプレイのサイズは1インチ/96ドット×64ドットの極小サイズ。もともとのゲームボーイカラーを下回るサイズと解像度です。ただしコントローラーとして搭載するESP32はデュアルコアかつWi-FiやBluetoothに対応する、現代的なものです。

そしてゲームを動かすのは、オープンソースなエミュレーターの「GNUboy」。また、ESP32のWi-Fi機能を利用して、サーバーからのROM配信機能も搭載しています。ああ、これはディスクシステムサテラビュー的な? ちょっと違う気もしますが、昔任天堂が考えていたゲームのオンライン配信をこの小さな本体で実現できる、技術の進歩に感謝です。

このミニサイズのゲームボーイカラーはSprite_TMさんお手製なので、今のところ販売計画はありません。昔任天堂は手のひらサイズのゲームボーイアドバンス「ゲームボーイミクロ」を発売したことがありますが、キーチェーンにぶら下げられるゲームボーイカラーもきっと需要があると思いますよ! 任天堂さん!

小さなゲーム機の関連記事:
任天堂から新ゲーム機。意外、それは30本のソフトが入ったミニファミコン
「ゲームウォッチ」をDIY、これでゲーム買い揃える手間が無くなった

source: Slash Gear, Hack-a-day
参考: 任天堂 1, 2, Wikipedia
(塚本直樹)